ICT教育

オンライン授業におけるロイロノートの役割とメリット|ICT教育

公開日:2022年2月8日


 
 

ロイロノートの役割

 ロイロノートとは提出物管理などをはじめとした授業支援ツールです。

 ロイロノート自体に独自のビデオ通話機能はないため、オンライン授業にはzoomなど別のアプリを使用する必要があります。

 このためオンライン授業におけるロイロノートは、縁の下の力持ちを担うアプリと言えます。

 
 
 

解説

オンライン授業とロイロノートのイメージ

 コロナウイルスの影響もあり、学校でタブレットが配られると聞いてオンライン授業を想像した保護者も多いのではないでしょうか。

 そしてロイロノートは比較的多くの学校現場で採用されていアプリの1つであり、学校からタブレットが配られた際にまずロイロノートの説明を受けた生徒や保護者は多いのではないでしょうか。

 これらから、ロイロノートはオンライン授業をするためのビデオ通話機能を含むアプリと思った保護者もいるかもしれません。

 しかしながら、ロイロノート自体にビデオ通話(テレビ電話)機能はありません。あくまで提出物管理・添削などに用いられます。

 オンライン授業の際のビデオ通話は、zoomやTeamsといった別のアプリを使用します。

 
 

なぜロイロノートを使うのか

 オンライン授業に馴染みがない大人から見ると、なぜわざわざロイロノートという聞き慣れないアプリを使うのかと疑問に思う人もいるかもしれません。

 大人の社会では、書類関係はWordやExcel、文字でのやりとりはメールやLINEといったケースが多いと思います。
 なぜわざわざ親も子供も使ったことがない「ロイロノート」というアプリで文字を打ったり宿題を出さないといけないのか。

 ロイロノートが学校現場で使われる背景には、オンライン授業およびICT教育における提出物管理ツールの重要性があります。

 
 

提出物管理の重要性

 生徒達の宿題・提出物を一括で管理し必要に応じて個別に対応する手段を持つことは、実務的にはかなり重要です。

 これらを従来のメールなどで実現しようとすると大変です。

 オンライン授業やICT教育と聞くと、ビデオ通話やプログラミングなど派手な側面が注目されがちですが、実際の導入には「提出物管理の方法」や「セキュリティ管理」といった地味な要素が必要不可欠です。

 こういった部分を支えるのがロイロノートです。

 ロイロノートは課題の送信・回収・添削、出欠管理などが可能であり、教師と生徒という多対一での提出物管理を円滑にしてくれます。

 このため、ベースはロイロノートを活用し、ビデオ通話でzoomやTeamsを併用するというスタイルをとる学校が比較的多く見られます。

 
 
 

参考資料

『ロイロノート』 2021年7月15日検索

『zoomのプランを選択』(zoom)2022年2月5日検索

『Microsoft Teams』(Microsoft)2022年2月5日検索

-ICT教育

新着記事

テキストのコピーはできません。