言葉の対象年齢考察

-

何食べた?に答えられるのは何歳頃?|子供の言葉の発達

公開日:2024年3月30日


 
 

「今日なに食べた?」に答えられるのはいつから?

 「〇〇ちゃんは今日のお昼は何食べたかな?」などと聞かれて、子供が食べた物を言えるのは何歳頃からなのでしょうか。

 個人差は当然あるでしょうが、目安としては、

 子供が今日食べた物を思い出して言えるのは3歳頃と考えられます。

 
 
 

解説

質問に対して答える力の発達

 幼児期の言葉の発達を見る検査、とりわけ口頭での質問に対して口頭で答える力を見る言語検査に「質問―応答関係検査」があります。

 質問応答関係検査は、幼児期の会話能力を評価する検査の1つと言えます。

 日本音声言語医学会の論文にて、この質問応答関係検査の作成に際したデータを見ることができます。
 これには各検査項目について通過率が25%、50%、75%になった年齢がまとめられています。

 子供の定型発達を考える上で通過率70%前後はよく用いられる割合であるため、通過率75%に相当する年齢は(あくまで目安ではありますが)定型発達児の傾向を知る上で比較的信憑性のある数字と言えるでしょう。

 上記によると、子供が今日食べた物を聞かれて答えることについて、通過年齢が全体の75%を超えるのは3歳頃となっています。

 
 

子供の会話能力の発達

 個人差はありますが、3歳頃になると今日食べた物を複数答えることができるようになってくると考えられます。

 ただ単に「ごはん」「パン」と言うのではなく、「○○と○○」のようにある程度具体的に説明できることを指します。

 例えば昼の時点で「今日の朝は何食べた?」などと聞いて「パンとスープ」などと答えることです。

 あるいは夕方に「今日のお昼は何食べた?」などに対して「ご飯とお魚とお味噌汁」などです。
 ちなみに保育園に行った日であれば、「給食」と答えることもあるかもしれません。この際は「給食はなんだった?」と聞いて答えられるかもポイントと言えるでしょう。

 
 
 

参考資料

『質問―応答関係検査1―検査の作成とノーマルデータ―』(日本音声言語医学会)2023年11月13日閲覧

『質問―応答関係検査2―質的分析と会話能力の段階設定―』(日本音声言語医学会)2023年11月13日閲覧

-言葉の対象年齢考察
-

テキストのコピーはできません。