本のレビュー

お母さんと先生が書くソーシャルストーリー|発達障害と読書

公開日:2020年5月21日


 
 

「お母さんと先生が書くソーシャルストーリー」レビュー

タイトル通り、
ソーシャルストーリーの考え方と作り方がわかる1冊である「お母さんと先生が書くソーシャルストーリー」。

内容や構成もシンプルです。

書籍として「読む」というよりは、

発達障害の支援において「使える」1冊かなと思います。

まさに実用書といった位置づけですね。

ソーシャルストーリーは文字に起こしていくものですが、

個人的には、

ソーシャルストーリーの考え方や作り方を学ぶことは、発達障害児とのコミュニケーションや言葉かけのヒントにもなり、重宝する知識だと思います。

 
 
 

「お母さんと先生が書くソーシャルストーリー 新しい判定基準とガイドライン」とは?

発達障害の支援方法の1つであるソーシャルストーリーについての本である「お母さんと先生が書くソーシャルストーリー」。

ソーシャルストーリーという技法の生みの親であるキャロル・グレイ氏の著書であり、日本語訳の本になります。

全体で130ページ程度であり比較的読みやすい構成になっています。

内容としてはソーシャルストーリーに対する考え方と、

ソーシャルストーリーを作るための10のルールが解説されています。

 
 
 

実際に読んでみて

10のルールを詳細に書くことはここでは控えますが、

例えばソーシャルストーリーでは
「2人称ではなく1人称あるいは3人称で書く」というルールがあります。

具体的には
「朝は挨拶をしなさい」という指示・命令ではなく、

「私は朝、挨拶をします」や「私達は朝、挨拶をします」
のように視点を変えた伝え方で社会のルールや人間関係で気をつけることを書いていきます。

そのほうが相手も嫌な気持ちをしないし、すっと入るからです。

こういう伝え方の工夫のようなものは、
ソーシャルストーリーを書く場面だけでなく、日常の言葉かけにも使えるなあと思いました。

 
 
 

おわりに

「お母さんと先生が書くソーシャルストーリー」は読みやすく実用的で良著です。

ただ、ソーシャルストーリーに限らず、
発達障害に関する支援技術って権利関係がくどい印象を受け、本書も例外ではないなあと思います。

ソーシャルストーリーは登録商標化されているそうで、そのあたりの権利主張が本書の文脈から感じます。

当然の権利を主張するのはいいのですが、

なんだかそれを通り越して
支援者を自分達のセミナーや団体で囲もうとする変な圧力を感じるんですよね。
あくまで個人的な印象なのですが。

まあいずれにせよ、
内容としては非常に実用的なので、持って損はない1冊だと思います。

 
 
 

参考資料

-本のレビュー