算数の対象年齢考察

子供が「多い・少ない」をわかるのは何歳から?~数概念の発達~

投稿日:2019-09-29 更新日: 2019-09-29


 
 

「多い・少ない」がわかるのは何歳から?

「多い・少ない」がわかるのは何歳頃からでしょう?

例えば同じかごが2つあって、けれど中身のお菓子の数がそれぞれ違う。

一方は多くて、他方は少ない。
「どっちが多いかな?」と聞いたとき、あるいは「どっちが少ないかな?」と聞いたとき、正しく選ぶことができる。

そういった「多い・少ない」という概念を子供が理解できるのはいつ頃なのでしょう?

個人差はありますが、
「多い・少ない」がわかるのはおおむね2歳台です。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

「『多い・少ない』がわかる」とは?

「『多い・少ない』がわかる」とは具体的にどういうことでしょう?

先述の通り、量が違う複数の選択肢から、適宜「多い方・少ない方」を選べることを指します。

「多い」という言葉は「たくさん」「いっぱい」といった言い方もできますね。

同様に「少ない」という言葉も「ちょっと」などという言い方もあります。

まずは、お子さんの馴染みのある言葉で、多少の概念自体が理解できているかがポイントになります。

「多い・少ない」あるいは「たくさん・ちょっと」言い方は馴染みのあるものでいいので、まずは臨機応変に選択できるか。

それが可能であれば、今度は「多い・少ない」「たくさん・ちょっと」どの言い方でも対応できるといいですね。

 
 
 

「多少の概念」と子供の発達

子供の発達を見る検査に、

認知・言語促進プログラム(NCプログラム)というものがあります。

上記によると、

「多い・少ない」といった多少の概念がわかるのはおよそ2歳台相当の発達とされています。

2歳台というのは他にも「大きい・小さい」など比較概念がわかりはじめる時期です。

 
 
 

おわりに

「多い・少ない」というのは対象の量に着目しないとわかりません。

そういう意味では、多少の概念というのは数概念の始まりとも考えられます。

当たり前と言えば当たり前ですが、
そもそも「多い・少ない」といった量に着目できないと数を数えることはできないでしょう。

「多い・少ない」がわかるということは、お子さんにとって算数の始まりでもあるわけですね。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-算数の対象年齢考察