その他の食べ物の対象年齢

-

プロセスチーズはいつから?何歳から?|子供に食べさせていい時期

公開日:


 
 

子供にプロセスチーズは何歳から?

 子供にプロセスチーズは何歳頃から食べさせていいものなのでしょう?

 もちろん子供に食物アレルギーなどがある場合は、医師の指示に従いましょう。

 子供の成長には個人差があるのであくまで目安ですが、

 子供にプロセスチーズを食べさせる場合は1歳前後からが目安と考えられます。

 ただし成分や形状によっても異なるでしょう。

 
 
 

解説

プロセスチーズとは?

 そもそもチーズとは牛乳を発酵させた食品ですが、「ナチュラルチーズ」は一般的なチーズを指します。
 よく耳にするカマンベールやモッツァレラなどはナチュラルチーズに該当します。

 これに対し、「プロセスチーズ」はナチュラルチーズを加熱・冷却して再形成したものを指します。

 過熱しているため菌が死滅し、ナチュラルチーズにあるような熟成を楽しむことはできません。

 一方で保存性に優れ、均一な品質で作ることができます。

離乳食におけるチーズ

 厚生労働省による「授乳・離乳の支援ガイド」によると、離乳が進むにつれて塩分・脂肪分の少ないチーズを食材に用いてもよいとされています。

 一般に離乳食は、

  • 離乳初期(5~6か月)
  • 離乳中期(7~8か月)
  • 離乳後期(9~11か月)
  • 離乳完了期(1歳~1歳6か月)

と大きく4段階に分けられます。

 このうち乳製品の摂取が段階的に始まるのが離乳中期であり、生後7~8か月頃に相当します。

 
 

プロセスチーズを食べる年齢

 以上のようにチーズ自体は、塩分や脂肪分が少なければ離乳食中期(7~8か月頃)からが候補になっていくでしょう。

 しかしながら、(製品にもよりますが)プロセスチーズはチーズの種類の中で塩分・脂肪分が特別に少ないわけではありません。
 むしろ塩分に関しては比較的高い方と言えます。

 例えば塩分が比較的少ないチーズにカッテージチーズがあります。

 カッテージの場合100gあたりの食塩相当量はおよそ1.0gとなっています。
 これに対してプロセスチーズは2.8gです。

 子供にチーズを食べさせる場合は、まずは塩分・脂肪分が比較的少ないカッテージチーズなどから始めて、ある程度してからプロセスチーズなどへ移行するほうが無難かもしれません。

 
 
 

離乳中期(7~8か月)とは?

 
 
 

参考資料

『授乳・離乳の支援ガイド(2019)』(厚生労働省)2020年2月25日検索

『食品成分データベース』(文部科学省)2022年1月15日検索

『チーズの種類』(meiji)2022年1月15日検索

-その他の食べ物の対象年齢
-

新着記事