感染症

新型コロナウイルスの感染予防にマスクは効果があるのか?(2019-nCoV)

公開日:2020年2月6日


 
 

新型コロナウイルスとマスク

新型コロナウイルスはマスクで感染予防できるのでしょうか?

他の風邪とも通ずるものがありますが、
マスクはしないよりしたほうがいいですが、感染をしっかり予防できるほどの方法ではありません。

マスクをすることも大事ですが、
そもそも「人混みに行かない」や「手洗いをしっかりする」や「規則正し生活で免疫力をつける」などが大切です。

 
 
 

感染予防にマスクは効果があるのか?

コロナウイルスに限らず風邪全般に言えることですが、
そもそもマスクは「自分が人にうつさない」ためには有効ですが、「人からうつされないようにする」には十分な効果は認められません。

厚生労働省および首相官邸の情報によると、
新型コロナウイルスの感染経路は飛沫感染接触感染です。

飛沫感染とは咳やくしゃみによって飛んだウイルスが、他の人の口や鼻に入る感染ですね。

接触感染とは、例えば誰かが触ったドアノブを自分も触り、そのまま手を洗わずに食事をして口からウイルスが入ることです。

マスクはこの、飛沫を自分が飛ばさないために効果があります。
他人の飛沫から自分の口や鼻を守るには、不十分です。

かなりの人混みであれば、マスクをすることで飛沫感染をいくぶん予防できる可能性もありますが、そもそも極端な人混みに行かないほうがよっぽど予防になります。

 
 
 

コロナウイルスの感染予防

以上から飛沫感染を防ぐためには人混みを避ける。また湿度を整える。
接触感染を防ぐためには十分な手洗いが考えられます。

こまめな水分摂取などにより口腔内の衛生や湿度を保つことも大切でしょう。

手のアルコール消毒や、ドアノブなどをアルコールなどで拭き掃除することもいいでしょう。

いずれにせよ健康的で清潔な生活がまずは土台になります。

 
 
 

おわりに

何かと不安なコロナウイルス。
マスクの買い占めなどもあり、さらに不安が煽られている印象も受けます。

こういった状況だとマスクを着用したい気持ちがある一方で、マスクが手に入らない人も多いかもしれません。

コロナウイルスの予防にマスクの着用は絶対唯一の方法というわけではないので、手洗いや規則正し生活など地に足のついた対応もやっていきたいものです。

 
 
 

参考資料

『新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について』(文部科学省)2020年2月5日検索

『新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~』(首相官邸)2020年2月5日検索

『新型コロナウイルスに関するQ&A』(厚生労働省)2020年2月5日検索

『新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年2月4日版)』(厚生労働省)2020年2月5日検索

-感染症
-