栄養素の対象年齢

1日に必要な摂取カロリーは何歳でどのくらい?|子供の食育

公開日:2020年5月10日


 
 

子供が1日に必要なカロリーってどのくらい?

子供は1日あたり何歳でどのくらいのカロリーが必要なのでしょう?

目安としては

幼児期で1200kcal
小学校低学年で1500kcal
小学校中学年で1800kcal
小学校高学年で2200kcal
くらいです。

年齢や性別、運動状況によってもう少し細かく違いはありますが。

以下、もう少し詳しく見ていきましょう。

 
 
 

年齢別の1日に必要な摂取カロリー

厚生労働省によると、1日に必要なカロリーは

1~2歳:950kcal(男)・900kcal(女)
3~5歳:1300kcal(男)・1250kcal(女)
6~7歳:1550kcal(男)・1450kcal(女)
8~9歳:1850kcal(男)・1700kcal(女)
10~11歳:2250kcal(男)・2100kcal(女)
12~14歳:2600kcal(男)・2400kcal(女)

となっています。

ちなみに上記は
身体活動レベルⅡ(学校や幼稚園など座っての活動が中心だがある程度の運動もする場合)
でのカロリーです。

 
 
 

朝昼晩の1食あたりの割合

国立健康・栄養研究所のQ&Aコーナーを参考にすると、
朝:昼:夕の食事の割合は3:3:4くらいの配分が推奨されているようです。

例えば小学校1年生の男の子の場合、
1日に必要なカロリーは先述の通り
1550kcalくらいです。

これを3:3:4の割合でで考えると、

朝:465kcal
昼:465kcal
夕:620kcal

となります。

いずれにせよ、
1日の中で考えると
夕食が最も量が多くなりがちですが、
実際はちょっと多いくらいで
朝昼夕のバランスを保ったほうが良さそうですね。

 
 
 

おわりに

当然ながら食事はカロリーだけで考えてもバランスはとれないものです。

肉・野菜・果物
乳製品やキノコ類
などなど

食材と栄養のバランスをとっていきたいものです。

ちなみに子供は1日3食だけでなく、
おやつも楽しみですよね。

おやつは200kcalくらいが目安となります。

 
 
 

参考資料

『日本人の食事摂取基準(2020 年版)(p84)』(厚生労働省)2020年5月9日検索

『日本人の食事摂取基準』(厚生労働省)2020年5月9日検索

『保健指導、食事、運動、エネルギー代謝に関するQ&A集 食事のバランス』(国立健康・栄養研究所)2020年5月9日検索

『間食のエネルギー(カロリー)』(e-ヘルスネット)2020年5月9日検索

『おやつの意味を知りましょう』(農林水産省)2020年5月9日検索

-栄養素の対象年齢