食育コラム

おやつ(間食)のカロリーの目安|子供や大人の食事と栄養

公開日:2021年7月28日


 
 

おやつはどのくらい食べていい?

 おやつは1日当たり何カロリーくらい摂取してもいいのでしょうか?

 一般的には1日当たりのおやつ(間食)は200kcalが目安となります。

 
 
 

解説

おやつで摂っていいいカロリー

 厚生労働省によると、おやつの摂取カロリーの1日当たり200kcal程度を推奨しています。

 またおやつは「楽しみ」であると同時に、食事だけでは足りない栄養素を補う役割もあることが示されています。

 例えばカルシウムが不足しがちな人はおやつに牛乳やヨーグルトを取り入れるなどです。

 
 

年齢別のおやつのカロリー

 おやつのカロリーは、1日に必要な全体のカロリーの1割程度が目安です。

 1日に必要なカロリーはその人の運動量や年齢によっても異なりますが、おおむね以下のようになります。

1~2歳:950kcal(男)・900kcal(女)
3~5歳:1300kcal(男)・1250kcal(女)
6~7歳:1550kcal(男)・1450kcal(女)
8~9歳:1850kcal(男)・1700kcal(女)
10~11歳:2250kcal(男)・2100kcal(女)
12~14歳:2600kcal(男)・2400kcal(女)

 これらの約1割ですから、おやつのカロリーはおおむね150~250、200kcal前後となります。

 ただし医療機関や農林水産省など各ホームページにおいて年齢別に厳密におやつのカロリーを規定しているところは少ないです。

 おやつはどのくらい食べるかも大切ですが何を食べるかも大切です。

 大人も子供もおやつはおおむね200kcal前後と考えて差し支えなく、厳密な量よりむしろ何を食べるかの質に着目したほうが良さそうです。

 
 

1日のおやつの例

 例えば小さいアイス1つやプリン、チョコレート1/2枚が200kcalに相当します。
 もちろん商品にもよりますが。

 また、みかんや柿1個はおよそ50kcalに相当します。

 何か1つお菓子を食べる以外にも、
 少量のお菓子や果物を組み合わせたおやつのメニューも有意義です。

 
 
 

参考資料

『日本人の食事摂取基準(2020 年版)(p84)』(厚生労働省)2020年5月9日検索

『日本人の食事摂取基準』(厚生労働省)2020年5月9日検索

『保健指導、食事、運動、エネルギー代謝に関するQ&A集 食事のバランス』(国立健康・栄養研究所)2020年5月9日検索

『間食のエネルギー(カロリー)』(e-ヘルスネット)2020年5月9日検索

『おやつの意味を知りましょう』(農林水産省)2020年5月9日検索

『みんな大好き!おやつのとり方』(福岡市立病院機構)2021年7月12日検索

-食育コラム

新着記事