食育コラム

-

チーズの種類 特徴や違い(モッツァレラ・カマンベール・チェダーなど)|子供の食育

公開日:2022年2月7日


 
 

チーズの種類の概要

 チーズは大きく分けると「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」があります。

 一般的によく耳にするカマンベールやモッツァレラはナチュラルチーズに属します。

 
 
 

チーズの大きな分類

ナチュラルチーズとは?

 

 
 

プロセスチーズとは?

 「プロセスチーズ」はナチュラルチーズを加熱・冷却して再形成したものを指します。

 過熱しているため菌が死滅し、ナチュラルチーズにあるような熟成を楽しむことはできません。

 一方で保存性に優れ、均一な品質で作ることができます。

 
 
 

主なチーズの種類と特徴

フレッシュタイプ

カッテージチーズ

 脱脂乳から作られたヘルシーなチーズです。

 
 

クリームチーズ

 きめの細かいフレッシュタイプのチーズです。
 滑らかな口当たりで、さわやかさと同時にミルクの甘さを感じます。

 
 

マスカルポーネ

 コクと甘みがあるチーズです。
 ティラミスなどお菓子の材料として使われることが多いです。

 
 

モッツァレラ

 滑らかで、熱を加えるとさらにトロッとなります。
 ピザ用のチーズとしてよく使われるチーズです。

 
 

さけるチーズ

 日本発祥のチーズです。
 文字通り割くことができるその形状が特徴的です。

 
 

白カビタイプ

カマンベール

 中身がとろりとしていて濃厚なチーズです。

 白カビ・青カビなどカビのあるチーズの中では比較的有名で食べやすいチーズの1つではないでしょうか。

 
 

青カビタイプ(ブルーチーズ)

ゴルゴンゾーラ

 ブルーチーズの代表的な物の1つかと思います。

 ねっとりとしたコクとほどよい塩味です。
 パスタソースに使われることが多いです。

 
 

セミハードタイプ

ゴーダ

 マイルドな味わいで万人向けのチーズの1つです。

 
 

ハードタイプ

チェダー

 水分が少なく濃厚なハードタイプのチーズは、日本でも好まれる物が多いです。

 チェダーチーズもその1つかと思います。
 熟成するとコクのある風味を持ち、味わいはシャープです。

 色が黄色あるいはオレンジ色の見た目も印象的かと思います。

 
 

パルミジャーノ・レッジャーノ

 非常に硬いチーズです。
 うまみとコクがあり、また名前も印象的なチーズかと思います。

 イタリアが産地であり、産地で正式に作られた物を「パルミジャーノ・レッジャーノ」と呼称します。

 それ以外の模倣品は一般的に「パルメザン」という名称で出回っているかと思います。

 
 
 

補足記事(ナチュラルチーズの製法の違い)

 

 
 
 

参考資料

『授乳・離乳の支援ガイド(2019)』(厚生労働省)2020年2月25日検索

『食品成分データベース』(文部科学省)2022年1月15日検索

『チーズの種類』(meiji)2022年1月15日検索

『チーズの種類』(メグミルク)2022年1月15日検索

-食育コラム
-

新着記事

テキストのコピーはできません。