漫画やアニメのレビュー

カウボーイビバップは子供に見せても大丈夫か? 話は難しくないか?

公開日:2021年5月23日

子供と見る、あるいは子供に見せることを想定した検閲的レビューです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。
 
 


 
 

カウボーイビバップは子供向けか?

 SFアニメ「カウボーイビバップ(Cowboy Bebop)」は、作品自体はおもしろいですが、小さい子供にとってはつまらない作品として映るかもしれません。

 カウボーイビバップは宇宙船などが登場し一見子供が喜びそうなメカアクションが期待できますが、実際のメカは非常に武骨です。

 またストーリーは人情劇や社会風刺を含んだ演出が見られ、幼い子供にとってはやや複雑かもしれません。

 
 
 

解説

作品の解説

 カウボーイビバップは人々が宇宙に移り住んだ世界を描くSFアニメです。
 生活域が広がった人類は治安の管理が困難になり賞金稼ぎ制度にて犯罪を抑止することを試みます。

 主人公達は賞金稼ぎであり、それぞれの過去を抱えながら1話完結型のストーリーで物語が緩やかに進行していきます。

 科学技術が急速に発展することで追いつかない治安維持や広がる格差。
 これらを背景としたリアルな世界観は非常に味があります。

 また、随所に使われるBGMが見事で、音楽方面の評価も高いのが本作の特徴です。

 
 

カウボーイビバップのわかりにくさ

 カウボーイビバップは上述のような世界観を比較的細かく描きながらも、その設定を本編ではあまり言及しません。
 つまり説明不足が否めず物語をしっかり理解するには予備知識やあとから調べる作業が人によっては必要です。

 こういった傾向は雰囲気を大切にするSFアニメではよくある傾向かと思います。

 
 

社会風刺の側面

 カウボーイビバップはいくぶん社会風刺の側面があります。

 麻薬や犯罪組織などの描写が少なくなく、これらが明確な勧善懲悪としても描かれているかと言えば微妙です。

 大人が見れば示唆のある物語ですが、幼い子供には意味がわからず退屈か、あるいは刺激が強いかもしれません。

 
 
 

参考資料

-漫画やアニメのレビュー