1歳児の発達

およそ1歳児が話せる言葉~言語表出面の発達の特徴と目安~

投稿日:2019-07-26 更新日: 2019-07-26


 
 

およそ1歳児が話せる言葉

大人が読める漢字と書ける漢字のレパートリーが異なるように、

言葉の「わかる」「話せる」は異なります。

子供の言葉の発達を見る場合、この「わかる(言語理解)」「話せる(言語表出)」を分けて考えてあげる必要があります。

1歳児の言語表出面の特徴としては、有意味語が出始めることです。

つまり単語を話しはじめるということです。

以下、もう少し詳しく見ていきます。

 
 
 

1歳児に言語表出面の発達

単語を言える

「パパ」「ママ」など意味のある単語を言えるようになってくるのが1歳前後です。

こういった意味のある単語を「有意味語」と言います。

有意味語というのは必ずしも綺麗な発音でなくてもかまいません。

例えばパパを「ぱあ~」、ママを「まあ~」でもOK。

本人が言葉の意味をわかっていてちゃんと使い分けていればOKです。

 
 

音を真似る

大人が言った音を自分なりに真似しようとできるか。

学は真似ることだなんて言ったりしますが、人の言葉を真似ようとするのは非常に重要です。

 
 

本を読む素振り

当然この時期はまだ絵本の字を読むことは難しいでしょう。

しかし、ページをめくりながら何かごにょごにょ言うかもしれません。

こういった「本を読む真似ごと」が見られるかも大切です。

 
 

「あれなあに?」に答える

犬や猫など、その子が知っているものにおいて、

「あれなあに?」と大人が聞くと「わんわん」など答えてくれる。

少し距離のある場所にあるものを大人が指さし、子供がそれを注目して答えてくれる。

この距離感の理解も大切です。

 
 

ご飯を食べて、「おいしい」

「わんわん」「にゃんにゃん」「パパ」「ママ」などの名詞だけでなく、「おいしい」といった感情を表す言葉も大切ですね。

一緒に食卓を囲み、親が子供に「おいしいねえ」などと語りかける。
感情を共有する時間が大切です。

 
 
 

おわりに

子供の発達には個人差があります。
ペースも様々で、1つの側面だけでその子の全体を語ることはできないものです。

あくまで参考程度に、その子自身のペースを大切にしてあげましょう。

また、子育てにおいては気になることを気軽に相談できる環境も大切です。

子供の成長が気になったら、一人で悩まず相談する一歩を踏み出してみましょう。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-1歳児の発達