言葉の対象年齢考察

3歳で自分の名前が言えないのは発達が遅いのか?~子供の言葉の発達~

投稿日:2019-07-11 更新日: 2019-07-11


 
 

3歳で自分の名前が言えないのは発達が遅い?

子供の成長は他の子と比べてどうこうというわけではありませんが、それでも子供の成長1つ1つが気になってしまうのも親心ですよね。

3歳で自分の名前が言えないのは発達が遅いのでしょうか?

ここで言う「自分の名前が言える」とは、姓と名の両方、つまり「お名前なあに?」と聞かれて自分のフルネームを答えることができることを指します。

子供の発達は非常に多面的なので、1つの側面だけで考えることはできません。

それでもあえて目安を考えると、

3歳0カ月時点で自分の名前が言えない場合、「発達が遅い」と「平均だけれどマイペース」の境目になると考えられます。

もちろん、他の言葉の表現力や理解力の状況によるのですが。

気になる場合は、その子の言葉全体の発達を専門家に見てもらいましょう。

 
 
 

自分の名前が言えるのは何歳から?

そもそも自分の名前が言えるのは何歳頃からなのでしょう?

上記で詳しく触れましたが、

自分の名前が言えるのは2歳半頃です。

 
 
 

自分の名前が言えるようになるにはどうしたらいいか?

幼い時期は、「やりなさい」と無理強いしてもお子さんには嫌な記憶しか根付かないものです。

そのため、
楽しんで経験することが大切になってきます。

2~3歳というのは単語を話したり文章を話し始める時期です。

そして言葉を話すとは、他者とのコミュニケーションを楽しむことでもあります。

お子さんが言葉を話すことに興味を持っているかをまず見てあげます。

言葉が出たら、たくさん褒めてあげて楽しい思い出を作ってあげましょう。

その子の現状にとって無理のない範囲の言葉でやりとりを楽しみます。

子供の話し言葉の発達は、以下をご参照ください。

 
 
 

おわりに

子供の発達には個人差があります。
ペースも様々で、1つの側面だけでその子の全体を語ることはできないものです。

あくまで参考程度に、その子自身のペースを大切にしてあげましょう。

また、子育てにおいては気になることを気軽に相談できる環境も大切です。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

津守

遠城寺

-言葉の対象年齢考察
-