12~15歳の性教育

【性教育 12,13,14,15歳】性的行動・反応への理解と取引的な性的行為のリスク

公開日:2022年1月23日


 
 

性的行動・反応への理解と取引的な性的行為のリスクに関する12~15歳の性教育

 性行為のリスクやそれらから身を守るための意思決定の力を学ぶことも、性教育の一環です。

 12~15歳を対象にした性教育では、

 性に関わる興味・関心は生涯にわたり続くこと。
 そしてそれらには個人差があること。
 また個人内においても外部要因(例えばアルコールなど)によって変化してしまうこと。
 性行為に関するリスク軽減や取引的な性的行為の回避を学んでいきます。

 
 
 

性教育のエビデンス(科学的根拠)

 国際的な流れとして、性教育は性行為に関する知識だけでなく、ジェンダー平等や性の多様性といった人権尊重を基盤にしたものが主流となりつつあります。

 このような性教育を「包括的性教育」と言い、このガイドラインとしてユネスコによる「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」があります。

 上記を参考に、12~15歳を対象にした(人権尊重を含む)性教育について考えます。

 
 
 

学習の要点

生涯にわたる性についての捉え方

  • 性的な気持ち、ファンタジー、欲望は自然なもので、一生を通して起きるものであるが、人は常にそれらの感情を実行に移すことを選択するわけではないことを知る
  • セックスへの興味は年齢により変化し、一生を通して表現できるということを再認識する

 
 

性的行動、性的反応について

  • 性的刺激は身体的・心理的側面を伴っている。人々はそれぞれ異なる方法・タイミングでそれに反応するものであることを理解する
  • 性的反応は、病気・ストレス・性的虐待・薬物治療・薬物乱用・トラウマといった問題などによって影響を受ける可能性があることを知る
  • 性的行動に関する情報が入ってきたときの迷信と事実を区別する
  • 情報に基づいて性的な意思決定をすること(性的に活発になるかの選択、いつ・誰とするのかの決定に伴い十分な情報と自信を持てているか)は、その人の健康や幸福感にとって重要であることを認識する
  • 自分の性的行為に関して責任ある決定をする
  • 性的行動にまつわるリスクを最小限にし、自分のライフプランを支えるためにはどんな選択があるかを学ぶ
  • コンドームやその他の避妊具は、性的行為による意図しない結果(HIV、性感染症、望まない妊娠など)のリスクを低減することを学ぶ
  • 取引的な性的行為、金銭や物品と性的行為の交換は、自分の健康や幸福を危険に晒す可能性がある
  • 取引的な性的行為に関連するリスクを学ぶ
  • 取引的な性的行為を拒否するための、積極的なコミュニケーションや断り方のスキルを習得する

 
 
 

包括的性教育について

 
 
 

参考資料

『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』(UNESCO)2021年5月2日検索

『HIV/AIDSについて(ファクトシート)』(厚生労働省検疫所)2021年12月18日検索

『PrEPって?』(国立国際医療研究センター SH外来)2021年12月18日検索

『抗HIV薬の曝露後予防内服(PEP)』(国立研究開発法人国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター)2021年12月18日検索

-12~15歳の性教育

新着記事