12~15歳の性教育

【性教育 12,13,14,15歳】性に関わる人権教育

公開日:2021年12月19日


 
 

人権に関する12~15歳の性教育

 性教育において12~15歳を対象にした内容では、セクシュアリティに関する権利や法律、個人や他者を尊重する考えも養う必要があります。

 「セクシュアリティ」という言葉は単に性行為だけでなく、性に関する人間の活動全般を指す用語としてしばしば用いられます。
 平等なジェンダーやその人に合った性自認、良好な異性関係・恋愛関係などセクシュアリティの幅は広いです。

 生きていく上ではこれらセクシュアリティが健康的であることは大切です。
 そして健康的なセクシュアリティを促すのが性教育であると言えます。

 健康的なセクシュアリティを獲得するには個人の力だけでなく、社会がセクシュアリティに関する権利を認めることが重要です。

 
 
 

性教育のエビデンス(科学的根拠)

 国際的な流れとして、性教育は性行為に関する知識だけでなく、ジェンダー平等や性の多様性といった人権尊重を基盤にしたものが主流となりつつあります。

 このような性教育を「包括的性教育」と言い、このガイドラインとしてユネスコによる「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」があります。

 上記を参考に、12~15歳を対象にした(人権尊重を含む)性教育について考えます。

 
 
 

学習の要点

価値観について

  • 自分と異なる価値観、信念、態度に寛容で、尊重することの重要性を認識する
  • 自身の個人的価値観を守ることを学ぶ

 
 

人権について

  • 全ての人の人権には、性と生殖に関して健康に影響を与える権利を含んでいることを学ぶ
  • 性と生殖に関して健康に影響する人権はどんなものがあるか学ぶ
  • 性と生殖に関する権利について地域や国の法令を学ぶ
  • 社会には、人権侵害により脆弱な人々がいることを認識する

 
 

文化について

  • 社会的・文化的・宗教的要因は、その社会の中でどのような性的行動が受け入れられ、受け入れられないかに影響を与えることを認識する
  • 社会的・文化的規範は時とともに変化しうることを認識する

 
 
 

包括的性教育について

 
 
 

参考資料

『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』(UNESCO)2021年5月2日検索

『HIV/AIDSについて(ファクトシート)』(厚生労働省検疫所)2021年12月18日検索

『PrEPって?』(国立国際医療研究センター SH外来)2021年12月18日検索

『抗HIV薬の曝露後予防内服(PEP)』(国立研究開発法人国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター)2021年12月18日検索

-12~15歳の性教育

新着記事