5~8歳の性教育

【性教育 5,6,7,8歳】健康的なコミュニケーションを教える

公開日:2021年11月16日


 
 

コミュニケーションに関わる5~8歳の性教育

 国際的には5~8歳は性教育を段階的に始める最初の時期と考えられています。

 誰かと良好な性的関係を持ったり、性暴力や性的搾取から自身の身を守るには「健康的なコミュニケーション」が大切です。

 5~8歳の性教育では、「健康的なコミュニケーション」の意味や大切さを指導することが有意義です。

 
 
 

性教育のエビデンス(科学的根拠)

 国際的な流れとして、性教育は性行為に関する知識だけでなく、ジェンダー平等や性の多様性といった人権尊重を基盤にしたものが主流となりつつあります。

 このような性教育を「包括的性教育」と言い、このガイドラインとしてユネスコによる「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」があります。

 包括的性教育では、人の意思決定は人間関係の影響を受けること、だからこそ自分自身で健全なコミュニケーションを選びとっていくことの大切さを説いています。

 
 
 

学習の要点

同調圧力について

  • 世の中には「同調圧力」というものがあり、どんな人といるかで自分に影響があることを知る
  • 仲間からの影響は良いものもあれば悪いものもあることを知る

 
 

意思決定の大切さについて

  • 誰もが自ら意思決定をするのに値するが、そこには結果が伴うことを知る
  • 意思決定は良い結果を生むこともあれば悪い結果を生むこともある
  • 子供や若者が意思決定をするときは、信頼できる大人の助けが必要な場合もある

 
 

コミュニケーションの大切さについて

  • 様々なコミュニケーションの形(言語・非言語コミュニケーション含む)を知る
  • 健康的なコミュニケーションと不健康的なコミュニケーションの違いを知る
  • 健康的なコミュニケーションの利点を考える
  • 明確な意思表示が、自分のプライバシーを守り、身体を守り、幸せな関係性を構築するということを再認識する
  • 全ての人が、自分の意見を表明する権利があることを認識する

 
 

ジェンダーとコミュニケーションの関係について

  • ジェンダー役割は、人とのコミュニケーションに影響を及ぼす可能性があることを知る

 
 

メディアリテラシーについて

  • メディア(ラジオ、テレビ、本、新聞、インターネット、ソーシャルメディアなど)は正しい情報を提供するものも、間違った情報を提供するものもある
  • 様々なメディアを通じて提供される情報について、見方や認識を考える

 
 

信頼できる人との関りについて

  • どんな人が信頼できる大人かを考える
  • 全ての人は保護され助けられる権利があることを再認識する

 
 
 

包括的性教育について

 
 
 

参考資料

『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』(UNESCO)2021年5月2日検索

『HIV/AIDSについて(ファクトシート)』(厚生労働省検疫所)2021年12月18日検索

『PrEPって?』(国立国際医療研究センター SH外来)2021年12月18日検索

『抗HIV薬の曝露後予防内服(PEP)』(国立研究開発法人国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター)2021年12月18日検索

-5~8歳の性教育

テキストのコピーはできません。