暗黙のルール辞典

【暗黙の了解】下ネタは年齢によって受け取られ方が変わる

公開日:2021年2月11日


 
 

下ネタは年齢によって受け取られ方が変わる

同じ下ネタを同じ人が言っても、その人の年齢や時期によって受け取られ方は異なります。

若い頃はいくぶん楽しく周りが聞いてくれた下ネタも、歳を重ねると相手が不快に思う話題になってしまうことがあります。

 
 
 

ライフステージで会話の印象は変わる

若い頃は許された失敗や失言が、歳を重ねると許されなくなるというのはよくあります。

「若気の至り」という言葉がある通り、若い頃はいろいろなことを周りが見守り・許してくれます。

そういった中でいろいろなことを学び、
歳を重ねたらきちんと若い頃の学びを反映した言動を取らなければ人生はなかなか厳しいものです。

人との会話についても同様で、若い頃は盛り上がった話題が歳を重ねても盛り上がるとは限らないでしょう。

特に下ネタ顕著な例ではないでしょうか。

若い頃は幾分「さわやか」に聞いてもらえてた下ネタも、歳を重ねて一般に「おじさん」「おばさん」の時期になると途端に「キモい」という印象になってしまうことがあります。

これは相手の年齢によるところも大きいでしょう。

年配の同世代では盛り上がる下ネタも、それを蚊帳の外で若い人が聞いていると「聞くに堪えない」という印象を持たれることもあります。

 
 
 

歳を重ねたら下ネタに気を付ける

自分が歳を重ねたら下ネタを話さない、あるいは話す場合も細心の注意を払ったほうが無難です。

若い人にとって年配の人が言う下ネタはキツいものがあります。

「自分も歳を重ねたな」という自覚を持って紳士・淑女的に振舞える人は魅力的です。

反対に、いつまでも若いと思いながら内面が成長していない人は若い人から見れば「イタい」と映ることもあります。

人と関わっていると、若い人が年配の自分に下ネタを話すこともあるかもしれません。

それは相手が自分のことをある程度信頼してくれていることでもあるので、悪いことではありません。

しかし、年下の人が下ネタを自分に話したからといって、水を得た魚のように自分も下ネタを話すとやっぱり「キモい」と思われることもあります。

年下の人の下ネタは、否定も肯定もせず相手の話の流れを遮らない程度の聞き手になることが無難です。

-暗黙のルール辞典