3歳児の発達

3歳児への色の名前の教え方|子供の言葉の発達

公開日:2020年9月19日


 
 

3歳児への色名理解の促し

3歳頃になると色の名前が4~5色くらいわかるようになってきます。

まずは好きな色で2択くらいから練習するといいでしょう。

いきなり色の名前を言わせるのではなく、
相手が言った色を指さすという方式でまずは聞き取る力をつけていきます。

 
 
 

色の理解の発達と解説

 
 
 

色の名前の教え方

発達の土台

発達の土台ができていなければ、色の名前だけ教え込んでもなかなか難しいものです。

3歳頃は体の部位(口や目、髪や歯など)がわかってくる時期でもあります。

「○○ちゃんの耳はどこ?」といった質問に対して指を指してもらいます。

また「大きい・小さい」「長い・短い」「高い・低い」など形容詞の理解が進んでいく時期でもあります。

色の名前と併行して、こういったそれぞれの言葉の理解を確認すると有意義でしょう。

 
 

教え方

色名を学習する場合、急にたくさんの色を勉強するよりまずは2色くらいから段階的に教えたほうがいいでしょう。

そして2色から勉強する場合でも、まずは得意な1つの色を作っていきます。

例えば「赤」と「青」で勉強するとします。

赤い物と青い物を準備します。折り紙などでも十分でしょう。

このとき「赤どっち?」「青どっち?」と多様に聞くのではなく、まずは赤か青を確実にわかるようにしていきます。

つまり「赤どっち?」というのを赤と青の折り紙の左右の位置を入れ替えながら聞いていきます。

このようにして、まずは赤色を十分になじませて、そのあとに青を少しずつ入れていきます。

 
 
 

おわりに

ちなみに手話では

「赤色」は右手の人差し指を唇に沿って左から右に移動させます。(唇の赤を表現しているのでしょう)

「青色」は4本の指先を頬にあてて後方へ引きます。(青ざめた表情?)

必ずしも手話である必要はありませんが、

子供に言葉を教える場合はジェスチャーも交えると覚えやすい場合があります。

色の名前もそれ単独では抽象的で難しい類の言葉ですから、身振り手振りでイメージを促してもいいかもしれません。

 
 
 

参考資料

-3歳児の発達