漫画やアニメのレビュー

涼宮ハルヒの憂鬱は子供に見せても大丈夫か?

公開日:2021年3月14日

子供と見る、あるいは子供に見せることを想定した検閲的レビューです。
適宜ネタバレも含みますのでご了承ください。
 
 


 
 

涼宮ハルヒの憂鬱は子供向けか?

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」は、幼児や小学生が見るには難しい作品だと思います。

作品自体はアニメブームを生み出した伝説的作品であり、またSFを取り入れた本作は伏線の巧みさで大人が見ると非常に楽しめる作品です。

しかしながらオタク的な性的描写や複雑なストーリーは、親が子供に見せるには受け入れがたい作風かと思います。

作品自体はおもしろいのですが、子供向けではない、見る人を選ぶ作品だと思います。

 
 
 

表現や描写の解説

性的な表現

  • 性的アピールを意図してバニーガールのコスプレをするシーンがあります。
  • 女子生徒が他の女子生徒の服を脱がせるシーンがあります。

登場人物である「涼宮ハルヒ」は、小柄で巨乳の「朝比奈みくる」を部のマスコットとして度々利用します。その際にみくるの性的な魅力を強調させることが多いです。

このためバニーガールの格好をさせたり無理やり服を脱がせるなどのシーンが度々描かれます。

露骨な性的描写はないですが、これらが幼い子供に見せるには「気まずい」シーンになります。

 
 

暴力的な表現

涼宮ハルヒの憂鬱には特にグロテスクな暴力シーンはありません。

続編の映画である「涼宮ハルヒの消失」にはややリアルな流血シーンがありますが、それも物語の展開を考えると許容範囲かと思います。

 
 

反社会的な表現

主人公である涼宮ハルヒは非常に突飛な言動が見られます。
ただし周囲がブレーキ役になっているのでそこまで過激な反社会的な表現はありません。

 
 

言語・思想関連の表現

特に危険思想に至るような描写はありません。

ちなみにSFや哲学などを取り入れた作品である「涼宮ハルヒの消失」は、前提となるSF知識がないとすっと理解できない作品でもあります。

 
 
 

参考資料

-漫画やアニメのレビュー