いろいろな暗黙のルール

【暗黙のルール辞典】女性と体重の話題になったとき

公開日:2021年6月3日


 
 

女性と体重の話題になったとき

 男性が女性と体重の話になったとき、女性の体重は聞かないようにします。
 また、「重そう」といった表現も避けます。
 さらに気を遣って「軽そう」といった表現も場合によってはリスクを伴います。

 「私体重増えちゃって」のように自虐のような発言があったときは、「え、そうなんだね。そういうふうには見えないけれど」などのように

 体重のことを知らない・気にしないような人を装うことが無難です。

 
 
 

解説

女性は体重を気にする

 個人差もありますが、女性は男性以上に体重を気にします。

 また女性から見る女性の体重と、男性から見る女性の体重は捉え方が異なる場合があります。

 男性から見れば「ちょうどいい」「気にならない」体形であっても、女性自身は「太っている」「痩せたい」と思っている場合があります。

 また、体重というのは当然ながら体形に直結数字であるがゆえに体重を気にするわけですが、いつしか体重の数値自体が目的化してしまう場合もあります。

 つまり、たとえ体形自体に目に見える変化がなくても、体重という数値の増減自体を気にする人もいます。

 
 

女性に体重は聞かない

 このような背景から、女性の体重は聞かないほうが無難です。

 世間話で「最近太っちゃって」と女性が言ったとしても、「じゃあ今何キロなの?」ということを聞いてはいけません。

 仲が良ければ冗談で済みますが、最悪の場合は周りの空気が凍ってしまったりセクハラになってしまいます。

 「最近太っちゃって」という世間話に対しては、「え、そうなんだね。そういうふうには見えないけれど」といった当たり障りのない返答が無難です。

 
 

体重は気にならない自分を演じる

 男性の場合、「女性の体重なんて気にしないよ」というスタンスでいると周囲から反感を買うことを防ぐことができる場合があります。

 「女性で○○キロ以上あるのは引く」や「女性は体重は軽くないと」といった価値観を公にすると多くの場合女性から反感を買うでしょう。

 また、「重そう」といった表現も避けます。
 さらに「軽そう」といった言葉も避けたほうが無難です。
 自分が体重至上主義ではないというスタンスを見せることが重要です。

 基本的には、「体重なんて気にしない。けれど体重や体形に気を遣うあなたの努力するスタンスは素敵」という受容的で肯定的なスタンスが無難です。

-いろいろな暗黙のルール