暗黙のルール辞典

【暗黙の了解】消費者金融でお金を借りない|大人の発達障害とソーシャルスキル

公開日:2020年10月28日

良好な社会生活のための、コミュニケーションスキルやソーシャルスキルについて考えます。
 
 


 
 

消費者金融でお金を借りない

基本的に、消費者金融でお金は借りないようにします。

消費者金融とはテレビCMなどでよく見かける、個人がお金を借りることができるサービスです。

CMや広告では気軽におしゃれに急な出費に対応できるイメージの消費者金融ですが、

実際に消費者金融を日常的に使用していると、多くの人は引きます。

日常生活において借金をしないことは生活力の大前提になります。

 
 
 

消費者金融のイメージ

多くの人は、日常的に消費者金融を使っている人に対して引きます。

消費者金融は借金であり、消費者金融を使っている人は金銭感覚がしっかりしていない人と見られてしまいます。

もちろん面と向かって「消費者金融を使っているなんてダメだ」なんて口では言わないかもしれません。

けれど多くの人はお金に伴う人間関係のトラブルは避けたいですし、そのために金銭感覚がしっかりしてない人とは関わりたくないと思っています。

消費者金融に対する広告イメージと、実際のイメージには乖離があります。

消費者金融は借金であり、借金をしないで済む生活基盤と習慣を整えるのは大人の第一歩です。

 
 
 

借金はしない

支出を収入の範囲内に収めるという習慣は非常に大切です。

一部の人を除いて、一定の職に就いている人は毎月一定のお金で生活しています。

毎月一定の収入で生活しているのですから、今払えないお金をあとになって払える理由はありません。

病気や冠婚葬祭など、急な出費には借金で対応するのではなくて、あらかじめ貯めておいたお金で対応します。

だから日々の貯金が大切になります。

一般の人が借金をするのは、家や車の購入など長期的に使う非常に大きな買い物に限ります。

日々の生活の中で使うお金については借金をしないようにします。

 
 
 

おわりに

そもそも借金というのは長期的な大きな買い物に対して熟考したのち、銀行などしかるべき場所で審査の下で行うものです。

金利の高い消費者金融で気軽にするものではありません。

ないお金を使うのではなく、使うお金はまず貯めて手元に準備するのが基本になります。

-暗黙のルール辞典