運動の対象年齢考察

子供がボールを投げることができるのは何歳から?~幼児期の運動発達~

投稿日:2019-02-23 更新日: 2019-02-23

 
 

 
 
 

ボールを投げることができるのは何歳から?


子供がボールを投げることができるのは何歳からでしょう?

どんなボールか。
ボールの重さや大きさにもよるでしょうが、その子が扱える常識的な範囲のボールであると仮定して、

ボールを投げることはおおおむね1歳半頃からできはじめます。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

ボールを投げることと子供の発達


「上投げ」「下投げ」といった類いの言葉があるように、ボールの投げ方は様々ですね。

一般に「ボールを投げる」とは、
腕を肩より高い位置にあげて、ボールを投げる。
いわゆる「オーバーハンド」を想定する方が多いのではないでしょうか?

子供の正常発達の過程を知る検査の1つとして、KIDS乳幼児発達スケールというものがあります。

上記によると、
オーバーハンドでボールを投げる動作は1歳6カ月相当の発達であることがわかります。

 
 
 

子供がボールを投げることができるようになるには?


ボールを投げるには手だけでなく足でバランスを取る必要がありますね。

ボールを投げる動作は体全体で行う運動です。

例えば1歳半頃になると子供は走れるくらいの足のバランス感覚が身についてきます。

また、細かい動作でいうと1歳半頃になると多少はこぼすかもしれませんがコップからコップに水を移すような力加減が必要な動作ができはじめます。

これらができないとボールを投げることができないわけではありませんが、

バランスをみながら子供の興味のある側面から取り組み、自然なかたち・楽しいかたちで子供の発達を促すのは大切なことです。
 
 
 

まとめ

子供がボールを投げることができるのは何歳からでしょう?

ボールの投げ方は様々ですが、ここでは腕を肩より高い位置にあげて、ボールを投げる、いわゆる「オーバーハンド」を想定します。

オーバーハンドでボールを投げることはおおおむね1歳半頃からできはじめます。

 
 
 

その他の記事

【小児発達】およそ3歳でできること

【小児発達】およそ4歳でできること

【小児発達】およそ5歳でできること

【小児発達】およそ6歳でできること

知能指数(IQ)の分布~そのIQは全体の何割か?

丸・三角・四角が書けるのは何歳から?~小児発達学より~

子供の発音は何歳まで様子を見て、何歳から練習させたほうがいいのか?

生卵は何歳から?~子供の発達と食品の安全性から考察する~

そばは何歳から?~小児アレルギー学会の資料を参考に~

マクドナルドは何歳から?~小児発達と栄養学から考察~
 
 
 

参考資料

-運動の対象年齢考察