手先の器用さの対象年齢考察

ボタンをかけることができるのは何歳から?~幼児期の手先の発達~

公開日:2019年2月26日


 
 

ボタンをとめることができるのは何歳から?

子供が自分でボタンを留とめることができるのは何歳頃からなのでしょう?

これはボタンの形状によっても異なるでしょうが、
子供服についているような大きめの、常識的なボタンであると仮定して、

子供がボタンを自分でとめることができるのはおおむね3歳半ば頃です。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

「ボタンをかける」と子供の発達

袖を通したりパンツを履いたり、洋服の着脱の自立は2歳前後から始まってきますが、やはりボタンは難しいですよね。

専門家の間でも使われている子供の発達を診る検査に、遠城寺式乳幼児分析的発達検査というものがあります。

上記によると、
ボタンをはめるのは3歳0カ月~3歳4カ月相当の発達であることがわかります。

3歳頃というのは、年少さんの1年前になりますね。
一般には未満児だとか未就園児と言われる時期です。

 
 
 

「ボタンをかける」ができるようになるためには?

3歳という時期はボタンだけでなく、お箸やハサミなど道具の使用が増えてくる時期です。

もちろん、子供の発達には個人差がありますから、3歳でもボタンが苦手なお子さんはいるでしょう。

また、「ハサミが使えるからボタンもできるはず」とか「3歳だから絶対ボタンを練習させる」と無理強いした考えも好ましくはないでしょう。

子供の成長には、そのときそのとき興味のあることを活用しながら背中を押すように発達を促すのが好ましいです。

そして、
3歳という時期は、砂場やねんど、積み木など何かで何かを作る造形遊びが盛んになってくる時期でもあります。

当然これらの遊びは指先にも良い刺激を与えますから、子供と一緒にこういった造形遊びを行うのはいかがでしょうか。

 
 
 

まとめ

子供の発達には段階があり、生活の自立もまたしかりです。

生活に必要な動作の1つに洋服の着脱があって、その中でもボタンの着脱は比較的難しい動作の1つでしょう。

ボタンの着脱は何歳頃からできるものなのでしょう?

ボタンの着脱はおおむね3歳半ば頃から見られます。

3歳という時期は手先の発達も著しい時期で、ねんど遊びなども良い刺激になるでしょう。

また、ハサミやお箸など道具を使う機会が増えてくる時期でもあります。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-手先の器用さの対象年齢考察