食べ物の対象年齢

子供に卵かけご飯は食べさせていいのはいつから?何歳から?

投稿日:2019-08-05 更新日: 2019-08-05


 
 

子供に卵かけご飯は何歳から?

子供に卵かけご飯は何歳頃から食べさせていいものなのでしょう?

家庭の方針にもよるでしょうが、

子供に卵かけご飯を食べさせるなら、早くて2歳以降、8歳以降ならより無難かと考えられます。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

卵かけご飯を食べることと子供の発達

一口に「卵かけご飯」と言ってもそのレシピは様々ですね。

生卵をそのままご飯にかける場合もあれば、温泉卵のような半熟のものをかける場合もあるでしょう。

卵アレルギーに関して、一般に卵黄より卵白のほうがリスクがあると言われています。
そのため卵の食べ始めは卵黄から行うことが多いです。

厚生労働省の離乳食のガイドラインによると、
「過熱をした卵黄」の摂取は特にアレルギーがない場合は生後7,8カ月頃から徐々に行われます。

しかしながら、温泉卵のような半熟の卵を「過熱をした卵黄」と捉えるかどうかは微妙なところでリスクがありますね。

やはり、「卵かけご飯」を食べるということは、お子さんが「生卵」にしっかり耐性があるかどうかを目安に判断したいものです。

農林水産省によると、
2歳以下のお子さんの生卵の摂取は避けるように注意喚起しています。

これらから考えると、生卵の摂取は早くても2歳以降であることがわかります。

さらに、環境省による小児の身体の発達に関する調査によると

小腸が成人と同じ長さに達するのは4歳頃、
免疫系が大人とほぼ同じレベルに成長するのは早くて7~8歳以降と言われています。

 
 
 

卵かけご飯を食べるときに気をつけること

子供に生卵を食べさせる上で心配なのは、アレルギーもさることながら雑菌による食中毒も考えられます。

卵の場合、おおむね食中毒の原因となるのはサルモネラ菌です。

サルモネラ菌は卵の殻についていますので、当たり前ですが調理前はきちんと殻を洗いましょう。

ちなみに卵かけご飯に限らずですが、
子供に何か初めての物を食べさせるなら、平日の日中がおすすめです。

理由は単純で、万が一のときに医療機関を利用しやすいからです。

これが土日や夜中だったりすると病院を利用するのも一苦労です。

また、
子供は体調によって同じ食べ物でも違った反応をすることがあります。

初めての物を食べさせるなら子供の体調が良い時に、少量ずつ食べましょう。

親にアレルギーがあるなど不安な点があるときは最終的には医師の指示を仰いだほうがいいでしょう。

 
 
 

おわりに

子育てにおいて食事に関わることを「食育」なんて言ったりしますね。

人間の身体はその人の食べた物でできていますから、子供が食べる物に気を遣うのは親の性というものです。

その一方で、

何を食べるか以上に、誰とどんなふうに食べるかが大切な場合もあります。

食卓の向こうにある、大好きなお父さんお母さんの「おいしいねえ」という笑顔が、子供にとって一番求めるものであったりします。

共働き世帯も多い昨今ですが、子供との食事の時間も大切にしたいものですね。

 
 
 

その他の記事

-食べ物の対象年齢