その他の対象年齢考察

UNOは何歳からできる?~子供の発達と遊びの対象年齢~

投稿日:


 
 

UNOは何歳から?

ロングセラーのカードゲームである「UNO(ウノ)」。
「UNO」って何歳頃からできるものなのでしょう?

個人差はありますが、
UNOができるのはおおむね5~7歳頃です。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

UNOの対象年齢

まず、UNOは対象年齢はどのくらいに設定されているのでしょう。

UNOは様々なラインナップがあり、どのUNOかにもよるでしょうが、UNO自体の箱やトイザラス・アマゾンなど各ネットショップの区分を見ると

おおむねUNOは対象年齢が7歳くらいに設定されています。

では、子供の発達を背景に、UNOの対象年齢が妥当か見ていきましょう。

 
 
 

UNOのゲーム性と子供の発達

UNOは色や数字に合わせてカードを出していくゲームですね。

こう考えると、色の名前や数字を読むことができるのがUNOを遊ぶための前提の能力になりそうです。

子供の一般的な発達を踏まえると、
基本的な色の名前を理解し言えるようになるのは3~4歳頃です。

また、
1~10の数字を読むことができるのは5歳頃と言われています。

さらに別の側面で考えてみます。

ゲームを楽しむためには、カードを出す順番を守ったり、ルールに則って勝つために工夫をしたりする必要が出てきますね。

こういった、「色がわかる」「数字がわかる」とは異なったより抽象的な力が備わるのはいつ頃なのでしょうか。

子供の発達を見る検査に、津守式乳幼児精神発達質問紙というものがあります。

上記によると、
例えばトランプのババ抜きや神経衰弱ができるのはおよそ6歳半頃とされています。

このように考えると、6歳台では簡単なカードゲームを楽しめることが予想できますね。

 
 
 

おわりに

以上のように、
UNOを遊ぶなら早くて5歳頃から、7歳頃にはずいぶんとかたちになってくるのではと考えられます。

ちなみに、
UNOを買うなら個人的にはプラスチック製で防水の「UNO H2O」がおすすめです。

子供が小さいうちは、UNOにせよトランプにせよすぐ濡れたり破れたりしがちですよね。

できるだけ丈夫な物の方が長持ちするし、ピクニックやバーベキューなど屋外で遊ぶときも重宝します。

「UNO H2O」って紙製の普通のUNOとそこまで値段が変わらないんですよね。
数百円違いでプラスチック製の物が買えるなら、そっちのほうが個人的にはコスパがいいのかなと。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-その他の対象年齢考察