その他の食べ物の対象年齢

-

ベビーチーズはいつから?何歳から?|子供に食べさせていい時期

公開日:2022年3月5日


 
 

子供にベビーチーズは何歳から?

 子供にベビーチーズは何歳頃から食べさせていいものなのでしょう?

 もちろん子供に食物アレルギーなどがある場合は、医師の指示に従いましょう。

 子供の成長には個人差があるのであくまで目安ですが、

 子供にベビーチーズを食べさせる場合は、1歳~1歳半以降から段階的に行っていくことが無難と考えられます。

 
 
 

解説

ベビーチーズとは?

 一般的に「ベビーチーズ」と認識される商品は複数ありますが、例えば六甲バター株式会社のブランドである「QBB」の製品がその1つかと思います。

 ベビーチーズは小さい四角形に成型(カット)されたプロセスチーズです。

 チーズの種類において「ナチュラルチーズ」が基本となる一般的なチーズを指します。
 よく耳にするカマンベールやモッツァレラなどはナチュラルチーズに属します。

 これに対し、「プロセスチーズ」はナチュラルチーズを加熱・冷却して再形成したものを指します。
 過熱しているため菌が死滅し、ナチュラルチーズにあるような熟成を楽しむことはできません。
 一方で保存性に優れ、均一な品質で作ることができます。

 ベビーチーズはこのプロセスチーズに該当します。

 またQBBのホームページを参考にすると、

 ベビーチーズの「ベビー」は赤ちゃん向けのチーズというわけではなく、チーズの大きさが小さいことが名前の由来です。
 当時は大きなチーズをカットして食べることが主流であり、小さく個包装された製品としてベビーチーズが誕生した文脈があります。

 このため、ベビーチーズは赤ちゃんが食べることを想定して特別な配慮がされているチーズというわけではありません。

離乳食におけるチーズ

 厚生労働省による「授乳・離乳の支援ガイド」によると、離乳が進むにつれて塩分・脂肪分の少ないチーズを食材に用いてもよいとされています。

 一般に離乳食は、

  • 離乳初期(5~6か月)
  • 離乳中期(7~8か月)
  • 離乳後期(9~11か月)
  • 離乳完了期(1歳~1歳6か月)

と大きく4段階に分けられます。

 このうち乳製品の摂取が段階的に始まるのが離乳中期であり、生後7~8か月頃に相当します。

 
 

ベビーチーズを食べる年齢

 以上のようにチーズ自体は、塩分や脂肪分が少なければ離乳食中期(7~8か月頃)からが候補になっていくでしょう。

 しかしながら、ベビーチーズを含むプロセスチーズはチーズの種類の中で塩分・脂肪分が特別に少ないわけではありません。
 むしろ塩分に関しては比較的高い方と言えます。

 また、ベビーチーズはそれなりの固さがあります。
 ベビーチーズを食べる場合は歯で噛むことがおそらく必要であり、歯茎で簡単に潰せるほどの固さではないでしょう。

 離乳後期にあたる生後9~11か月は、歯茎でつぶせる程度の固さの食材を食べる時期です。
 このためベビーチーズを食べるには難しい時期と考えられます。

 ベビーチーズを食べるなら、離乳の完了である1歳~1歳半以降が目安となってくるでしょう。
 もちろん製品そのままでは大きすぎるので、子供の状況に合わせて切ったり潰したりしながら慎重に行います。

 
 
 

離乳完了期(1歳~1歳6か月)とは?

 
 
 

参考資料

『授乳・離乳の支援ガイド(2019)』(厚生労働省)2020年2月25日検索

『食品成分データベース』(文部科学省)2022年1月15日検索

『チーズの種類』(meiji)2022年1月15日検索

『ベビーチーズ』(QBB)2022年1月15日検索

-その他の食べ物の対象年齢
-

新着記事