アニメの対象年齢考察

ガンダムSEEDは何歳向けか?|子供とアニメの対象年齢

公開日:2021年6月27日


 
 

ガンダムSEEDは何歳は向け?

 ガンダムのシリーズの1つである「機動戦士ガンダムSEED」の対象年齢は何歳くらいなのでしょうか?

 ガンダムSEEDは特に規制のある作品ではないので何歳が見てもいい区分のアニメですが、内容から考えると

 ガンダムSEEDは中学生頃からがストーリーを理解でき見やすいのではと考えます。

 
 
 

解説

機動戦士ガンダムSEEDとは?

 シリーズ全体で見ると、非常に歴史のあるロボットアニメであるガンダム。
 「機動戦士ガンダムSEED」は2002年に放送され「21世紀最初のガンダムシリーズ」と位置付けられた作品です。

 そのため放送当時は次世代ファンの獲得を担う新世代のガンダムとして人気を博しました。
 現在もプラモデルをはじめ人気は根強く、ファン層を広げたことに成功した作品と言えます。

 シリーズ全体に言えることですが、ロボットアニメではありながら変形・合体は最小限でありむしろ少ないガンダム。

 またストーリーには戦争や人種差別、SFなどが取り入れられ、細かい設定と複雑な文脈が大人を惹きつけます。

 このようにガンダムは子供心を持った大人を意識した演出が見られる作品です。

 
 

ガンダムSEEDの年齢層

 バンダイをはじめとする各種サイトを確認すると、
 ガンダムSEEDの視聴者層は10代後半ないし20代前半が中心であることがわかります。

 ロボットアニメとしてはやや年齢層が高い印象を受けますが、ガンダムシリーズ全体で見ると若い世代に受けているガンダムであるようです。

 このように、ガンダムはシリーズ全体としてやや大人のファンが多い作品であり、その中でガンダムSEEDは比較的若年層が支持する作品であることがわかります。

 
 

ガンダムSEEDの作風

 ガンダムが戦うシーンのかっこよさはもちろんですが、ガンダムSEEDの魅力は扱うテーマの深さだと思います。

 遺伝子操作に伴う生命倫理や人種差別などを、戦争とSFに絡めながら扱っていきます。

 SFなどの予備知識や、本編で語られない世界観の前知識が必要な作品ではありますが、ナチュラル(通常の人類)とコーディネーター(遺伝子操作された人類)の対立は非常に考え深いものがあります。

 
 
 

補足記事

 
 
 

参考資料

『ガンダムファンが、ケータイでひとつにつながる『SEED Club mobile』オープン!』(バンダイ)2021年6月28日検索

『10代はガンダムを見ていない? 年代別: ガンダム作品視聴者ランキング』(スマートアンサー)2021年6月28日検索

-アニメの対象年齢考察

新着記事