偏食

どこからが偏食か?|定義と子供の食育

公開日:2021年9月17日


 
 

どこからが偏食か?

 「偏食」という言葉に明確で一律の定義はありません。

 しかしながら偏食という言葉に対する一般的な認識を加味すると、偏食は以下のような状態を指すと考えられます。

  • 特定の食品群ばかり摂取するあるいは避ける
  • それらの理由が主に嫌悪感情によるものである
  • 栄養面に関する印象を伴う

 以下、これらについての解説です。

 
 
 

偏食の定義

 「偏食」は一般的には「食べ物の好き嫌いが激しく特定のものだけを食べること」を指すと考えられます。

 しかしながら、どの程度が「編食」かという学術的な定義はありません。

 偏食の定義を研究したものに、広島修道大学を中心とした研究があります。
 この論文では「偏食」という言葉に対して人がどのようなイメージを持っているかを調査し、人々が考える「偏食」の特徴を統計的に検討しています。

 この偏食の特徴が冒頭の3点になります。

 
 
 

偏食の特徴

特定の食品群ばかり摂取するあるいは避ける

 「偏食」は特定の食べ物の好き嫌いではなく、特定の食品群の好き嫌いとイメージする人が多いです。

 つまり「ピーマンが嫌い」ではなく「野菜をまったく食べない」や、「肉が好き」ではなく「肉しか食べない」などです。

 
 

それらの理由が主に嫌悪感情によるものである

 これらがアレルギーや文化(宗教)によるものではなく、個人の好き嫌いによる場合に偏食と捉えられることが多いです。

 
 

栄養面に関する印象を伴う

 これら好き嫌いが、栄養面に影響を与えそうなときに人はそれを偏食と見なすことが多いです。

 ポイントは「栄養に問題があることが『偏食』」なのではなく、「栄養に問題がありそうなことを『偏食』」と人は思うということです。

 例えばお米しか食べない人が健康診断で全く問題がなくても、多くの人はその人を「偏食だな」と思うでしょう。
 これは健康診断の結果や数値ではなく、「肉や野菜を全く食べないと、栄養に悪そう」というイメージが先行しているからです。

 
 
 

参考資料

『偏食の観点からみた幼稚園児の食習慣に関するパス解析』(一般社団法人 日本家政学会)2021年9月11日検索

『幼児の偏食と生活環境との関連』(日本民族衛生学会)2021年9月11日検索

『母親の就業状況別にみた幼児の偏食とその関連要因』(日本民族衛生学会)2021年9月11日検索

『幼児期前期における嫌いな食べ物の質的変化に関する縦断研究』(特定非営利活動法人 日本栄養改善学会)2021年9月11日検索

『幼児期における嫌いな食品の変化と偏食との関連』(西九州大学)2021年9月11日検索

『食の問題行動に関する臨床発達心理研究(1)偏食の経験的定義』(広島修道大学)2021年9月11日検索

『食の問題行動に関する臨床発達心理研究(2)偏食尺度の標準化と偏食の諸特徴』(広島修道大学)2021年9月11日検索

『自閉スペクトラム症児の偏食に対する食物同時提示法の適用』(NPO法人 日本自閉症スペクトラム支援協会 日本自閉症スペクトラム学会)2021年9月11日検索

『自閉症スペクトラム障害児の食事に関する問題の検討』(一般社団法人 日本摂食嚥下リハビリテーション学会)2021年9月11日検索

『自閉症児の食嗜好の実態と偏食への対応に関する調査研究』(公益財団法人 浦上食品 ・ 食文化振興財団)2021年9月11日検索

-偏食

新着記事

テキストのコピーはできません。