国家試験

PT・OT・ST 国家試験 自己採点結果は内定先に報告したほうがいい?

公開日:


 
 

自己採点結果は内定先に報告したほうがいい?

国家試験における自己採点結果は、内定先に報告したほうがいいのでしょうか?

このあたりは個々人のモラル感や、職場との取り決めによるので一概には言えませんが、

自己採点の結果が合格だったら連絡しなくていいと思います。
一方で自己採点の結果が不合格だったらその時点で一度報告したほうが親切です。

 
 
 

リハビリの国家試験

理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)。
いずれもリハビリの国家資格であり、国家試験に合格することがこれらの仕事に就く前提条件となります。

国家試験はおおむね2月頃に実施され、年度末には合格発表があります。
しかしながら現実的には、国試が終わった直後に自己採点をし、だいたい自分が受かったか落ちたかの予想はつくものです。

リハビリの仕事は資格がないとできませんから、試験の合否は非常に重要です。

マメな学生さんなら、自己採点の結果を職場に報告するか迷う場合もあるかもしれません。

しかしながら、自己採点はあくまで自己採点。

内定先からしてみれば、自己採点結果が合格だったことを伝えられても「おめでとうございます」くらいしか言えません。

合否が確定したわけではないですから、あまり具体的な話もできないです。

 
 
 

自己採点で落ちていたら

反対に、自己採点で落ちていたら、早めに連絡したほうがいいかもしれません。

国家試験前に内定を出した職場の場合、内定者が不合格の場合の対応は3つです。

①不合格なら内定取り消し
②不合格でもリハ助手など別のかたちで雇用
③どうするか決めていない

①なら別に求人を出さないといけないですし、②なら人事配置を考え直さないといけません。③なら対応を検討し、学生とやりとりをしないといけなくなります。

いずれにせよ、国家試験の結果発表がある3月末では非常にバタバタします。

不合格の連絡は早めにしたほうが自分にとっても内定先にとっても有意義です。

 
 
 

おわりに

多くの職場は内定者が国試不合格だった場合の処遇は事前に決めていると思います。

しかしながら、リハビリの国家資格は合格者の方が多数である点、中途採用などそもそも国試が絡まない場合もある点から、明確に不合格者の処遇を決めていないこともあります。

内定者が不合格だったときに考えようというスタンスなわけです。

そういう場合は、リハ助手として雇ってもらえないか交渉するのも1つだと思います。

 
 
 

その他の記事

-国家試験