食べ物の対象年齢

子供に生のサーモン(鮭)は何歳から食べさせていいのか?~安全な食育~

投稿日:2019-08-13 更新日: 2019-08-13


 
 

子供に生のサーモンは何歳から?

焼き魚だけでなく、お刺身やお寿司、サラダやパスタなど何かと生で食べる機会も多いサーモン(鮭)。

子供に生のサーモンは何歳頃から食べさせていいものなのでしょう?

家庭の方針にもよるでしょうが、

子供に生のサーモンを食べさせるなら、早くても3歳以降が無難と考えられます。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

サーモンを食べることと子供の発達

魚は加熱すれば離乳食時期からも摂取する食品に該当するほどポピュラーな食材です。

一方で、初めて子供に刺身など生で魚を食べさせる場合、親としては何かと緊張するものです。

生魚は何歳から食べさせていいのか?
何歳からなら安心か。

そういうことが頭をよぎる親御さんも少なくないでしょう。

安全な食事と子供の年齢というのは気にはなるものの個人差も大きく、一概には言えないものです。

それでも何かしら目安は欲しいですよね。

生魚の摂取について比較的明確な基準を挙げているのがフランス食品環境労働衛生安全庁(ANSES)であり、これは日本の食品安全委員会のホームページでも扱われています。

上記資料によると、

3歳未満のお子さんの生魚の摂取は避けることを推奨しています。

 
 
 

サーモンを食べるときに気をつけること

先述のように食べ物に対する反応は個人差があります。

不安な場合は医師の指示を仰ぐのがまずは前提になるでしょう。

それを踏まえた上で、

子供に生のサーモンを食べさせる前に、まずは加熱・焼いたサーモンを食べる経験はしておきたいものです。

何にせよ生食のほうがリスクは高いので。

まずは加熱したサーモンを食べても問題ないような食習慣をつけてから、生食は試してみたいものです。

そして、
子供に何か初めての物を食べさせるなら、平日の日中がおすすめです。

理由は単純で、万が一のときに医療機関を利用しやすいからです。

これが土日や夜中だったりすると病院を利用するのも一苦労です。

また、
子供は体調によって同じ食べ物でも違った反応をすることがあります。

初めての物を食べさせるなら子供の体調が良い時に、少量ずつ食べましょう。

 
 
 

まとめ

子供に生のサーモンは何歳頃から食べさせていいものなのでしょう?

食品安全委員会のホームページで調べると、

子供に生のサーモンを食べさせるなら、3歳以降が無難かもしれません。

また、
子供に何か初めての物を食べさせるなら、平日の日中がおすすめです。

子供の体調が良い時に、少量ずつ食べましょう。

また、これらはあくまで目安であり、アレルギーをはじめ人の体調千差万別です。
最終的にはかかりつけ医などの判断を仰ぎましょう。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

『授乳・離乳の支援ガイド』(厚生労働省)2018年5月25日検索

『小児の脆弱性の要因』環境省)2018年4月30日検索

『フランス食品環境労働衛生安全庁(ANSES)、水産物を食べることについて勧告及び提言を発表』食品安全委員会)2018年4月30日検索

-食べ物の対象年齢