食べ物の対象年齢

子供にマヨネーズは何歳から食べさせていいのか?

投稿日:2019-10-21 更新日: 2019-10-21


 
 

子供にマヨネーズは何歳から?

子供にマヨネーズはいつ頃から食べさせていいものでしょう?

すでにアレルギーがある場合は別として、

あくまで目安ですが一般的には
マヨネーズは2歳以降から少量ずつあげるのが無難かなと考えられます。

以下、これらの根拠を。

 
 
 

マヨネーズの材料

マヨネーズはいろいろなメーカーの物がありますね。

物によって多少は違うでしょうが、
おおむねマヨネーズは油と卵を主としてそこに調味料が加わりできています。

このように見ると、
マヨネーズをいつから食べさせるかは、卵をいつから食べさせるかが大きなポイントになりそうです。

そして卵は生なのか加熱しているのかで子供に食べさせる上での判断がずいぶんと変わりますよね。

マヨネーズで有名なキューピーのホームページによると、

マヨネーズに使っている卵は生卵と想定する必要がありそうです。

 
 
 

卵は何歳から?

卵は何歳から食べさせていいのでしょう?

厚生労働省の離乳食のガイドラインによると、
「過熱をした卵黄」の摂取は特にアレルギーがない場合は生後7,8カ月頃から徐々に行われます。

一方、生卵はどうでしょう?

生卵になるとアレルギーがさらに心配ですね。

しかし、人間の食物アレルギーに関しては科学的に解明されていない部分もいまだに多く、はっきりと「何歳からならOK」と言えないのが現状です。

しかしながら、生卵は加熱した物に比べて食中毒などのリスクもあり、何かと抵抗力の低い小さいお子さんには特に慎重に対応したいものです。

農林水産省によると、
2歳以下のお子さんの生卵の摂取は避けるように注意喚起しています。

これらから考えると、生卵の摂取は早くても2歳以降であることがわかります。

 
 
 

おわりに

ネットを見ると、マヨネーズを1歳頃から食べさせているご家庭も少なくない様子ですね。

実際、製造過程でマヨネーズに使う卵はきちんと殺菌されているので、そういう意味では生卵を直接食べるよりは安全と言えるでしょう。

しかしながら、アレルギーをはじめ人の体の状況は千差万別です。
心配な場合はかかりつけ医などの判断を仰ぎましょう。

また、子供に何か初めての物を食べさせるなら、平日の日中がおすすめです。
万が一アレルギーなどトラブルがあっても、休日と異なり医療機関を利用しやすいからです。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

『アレルギーなどに関するQ&A』(キューピー)2019年10月18日検索

『授乳・離乳の支援ガイド』(厚生労働省)2018年5月25日検索

『卵による食中毒に注意しましょう!』農林水産省)2018年5月11日検索

-食べ物の対象年齢