その他の対象年齢考察

サンタがわかるのは何歳から?~クリスマスを理解する年齢~

投稿日:2018-11-19 更新日: 2019-12-25


 
 

サンタさんがわかるのは何歳から?

サンタクロースを理解できるのは何歳頃なのでしょう?

良い子にしていたらクリスマスにサンタさんがプレゼントをくれる。

クリスマスの日をまだかまだかと楽しみにする我が子。

クリスマスの日、枕元にあるプレゼントに目を輝かせる。

クリスマスプレゼントに喜ぶ我が子の姿は親の喜びでもありますよね。

一方で、こういったサンタクロースのストーリー性を理解できないと、「単にある日プレゼントがあった」だけになってしまいます。

「サンタさん」をわかってくれていると、親もプレゼントのしがいがあるものです。

当然、物事の理解には個人差はありますが、

2~3歳は普段から積極的に言い聞かせたり経験させればギリギリ。
「サンタクロース」をすっと理解できるのは4歳以降でしょう。

以下、もう少し詳しく。
 
 
 

サンタさんを信じている子供達の割合

三重大学の研究論文によると、
4歳児はおよそ9割以上の子供がサンタクロースを信じています。

6歳時点でも8割近くの子供達が信じています。

4歳とは保育園・幼稚園の年少さんに相当する時期です。
年少さん以降ならサンタクロースを理解することは可能なようです。
 
 
 

期待できるのは何歳から?

では4歳未満のお子さんはどうでしょう?

サンタクロースに関する子供の認識の研究は4歳以降を対象にした論文が多く、正直3歳以下のデータは少ないです。

おそらく保育園・幼稚園の「クリスマス会に来てくれるサンタさん」が子供にとって初めのサンタさんの体験になっている背景があるのでしょう。

そのため、もっと全般的な、子供の認知発達の側面から考えてみたいと思います。

子供の正常発達を知る目安の1つに、津守式乳幼児精神発達質問紙というものがあります。

上記によると、
例えば「おもちゃを買ってあげる」と約束したのに結局買わなかったときにそのことを覚えて不満を示せるのは2歳半以降の発達とされています。

このように、
2歳半ばくらいから、「今この瞬間」だけでなく(短いスパンではありますが)未来のことを意識し期待して自分の言動をコントロールすることの芽生えが見られます。
 
 
 

まとめ

以上のことからまとめです。

サンタクロースを理解できるのは何歳頃なのでしょう?

人との約束を意識したり、未来の計画に期待できるのは2歳半頃から見られます。

普段からサンタクロースのお話や仕組みを説明していれば、2~3歳でもクリスマスプレゼントを期待感を持ちながら楽しむことはできるかもしれません。

しかしながら、
サンタクロースを理解しやすいのは行事などでも経験でき、認知機能が発達してきた4歳頃くらいからでしょう。

あくまで個人差はあるでしょうが。
 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

『P5-47 幼児における空想的な存在・科学的な存在の理解(発達,その他,ポスター発表)』(日本教育心理学会総会発表論文集 J-STAGE)2018年11月16日検索

『日常的な想像物に対する幼児の認識 : サンタクロースは本当にいるのか?』(発達心理学研究 J-STAGE)2018年11月16日検索

『幼児におけるサンタクロースのリアリティに対する認識』(J-STAGE)2018年10月13日検索

『サンタクロースとクリスマス行事に対する大人の態度と支援』(三重大学)2018年10月13日検索

『幼児期のサンタクロース体験に関する発達心理学的研究』(幼児期の発達を探求する 杉村研究室 広島大学)2018年10月13日検索

-その他の対象年齢考察