その他の食べ物の対象年齢

ヨーグルトはいつから?何歳から食べさせていい?|子供の離乳食

公開日:2022年2月19日


 
 

子供にヨーグルトは何歳から?

 子供にヨーグルトは何歳頃から食べさせていいものなのでしょう?

 食物アレルギーなどがある場合は医師の指示に従いましょう。

 子供の成長には個人差があるのであくまで目安ですが、

 子供にヨーグルトを食べさせる場合は生後7~8か月頃からが目安と考えられます。

 ただし加糖か無糖かなど、製品によっても判断は若干異なります。

 
 
 

解説

離乳食におけるヨーグルト

 厚生労働省による「授乳・離乳の支援ガイド」によると、離乳が進むにつれてヨーグルトや(塩分・脂肪分の少ない)チーズを食材に用いてもよいとされています。

 一般に離乳食は、

  • 離乳初期(5~6か月)
  • 離乳中期(7~8か月)
  • 離乳後期(9~11か月)
  • 離乳完了期(1歳~1歳6か月)

と大きく4段階に分けられます。

 このうち乳製品の摂取が段階的に始まるのが離乳中期であり、生後7~8か月頃に相当します。

 このように、ヨーグルトは離乳食の時期から用いていい食材の1つであることがわかります。

 
 

ヨーグルトの種類

 離乳食期にヨーグルトを食べさせる場合は、無糖の物を様子を見ながら少量ずつあげることが無難でしょう。

 ヨーグルトに限らずですが、離乳食は薄味で素材の味を活かした調理が基本になります。

 砂糖が入った嗜好品的なヨーグルトは、離乳食完了以降に検討したほうがいいでしょう。
 砂糖は虫歯のリスクにもなりますから、加糖ヨーグルトに関しては焦って早い時期にあげる必要はないかもしれません。

 
 

離乳食1回あたりのヨーグルトの摂取量

 子供の体重・食欲にもよるので一概には言えませんが、先述の「授乳・離乳の支援ガイド」によると、

 離乳食1回あたりの乳製品の摂取量は

  • 離乳初期(5~6か月)はまだ摂取を控えます
  • 離乳中期(7~8か月)で50~70g
  • 離乳後期(9~11か月)で80g
  • 離乳完了期(1歳~1歳6か月)で100g

となっています。

 ちなみにこれらは肉・魚・卵などを代替する場合の量なので、肉や魚が食卓にある場合はもっと少ない量となるでしょう。

 
 
 

子供に砂糖は1日どのくらい?

 
 
 

離乳中期(7~8か月)とは?

 
 
 

参考資料

『授乳・離乳の支援ガイド(2019)』(厚生労働省)2020年2月25日検索

-その他の食べ物の対象年齢

新着記事

テキストのコピーはできません。