暗黙のルール辞典

世の中には、こんな「社会人のルール」があるんだよ

投稿日:2019-07-09 更新日: 2019-07-19


 
 

世の中には、こんな「社会人のルール」があるんだよ

一口に「社会人のルール」と言っても、働く環境でかなり異なります。

それでもあえて共通点を挙げれば、

  • 上下関係を配慮する
  • 言葉遣いを配慮する
  • お礼と謝罪をこまめにする

は覚えておくと便利なスキルなのかなと。

 
 
 

「社会のルール」を守ることって?

個人的には、「社会人のルール」とか「暗黙の了解」の類いを過度に気にするのは好きではありません。

そういうものは時代と共に変わるし、固執すれば物事や人間関係の本質を見失ってしまうからです。

一方で、「社会人のルール」とか「暗黙の了解」を単に知らないのか、知っててあえて重要視しないのかでは大きな差があるなとも思います。

要するに、
「社会人のルール」は知ってて損はないしマナーを守るスキルは持ってて損はしないということです。

そのため、ほどほどにそういった社会のルールを考えることは悪いことではありません。

 
 
 

「社会のルール」の例

上下関係を配慮する

部活などをやっていた学生としては、お馴染の「上下関係」。

「敬語」といった言葉遣いだけでなく、
「下座」「上座」といった言葉以外の上下関係を意識した所作があります。

「上座」とは平たく言うと部屋の中で通路から離れた最も落ち着ける席で、目上の人が座るとされる場所のことです。

 
 

言葉遣いを配慮する

言葉遣いというものは難しいものです。

丁寧すぎると「固い」印象を持たれますし、雑すぎるとやっぱり相手が不快になってしまう。

自分のいる環境ではどんな言葉が「丁寧」とされてどんな言葉が「好ましくない」とされているのかを観察することが、ある意味で語彙が豊富かどうかより大切かもしれません。

 
 

お礼と謝罪をこまめにする

例えば飲み会でおごってもらった翌日、「昨日はありがとうございました」と言うなど。

「ありがとうございます」「すみません(あるいは「申し訳ありません」)」をすっと言えると何かと重宝します。

 
 
 

おわりに

「常識」だとか「マナー」というものは、世代によって異なるものです。

どれが正しいというわけでもありません。
相手が心地良いと思えるマナーをしてあげればよいでしょう。

誰しも、子供と大人への接し方が違うように、
人間は人によって対応の仕方を変える動物です。

だから、「相手はどんなことを『常識』と思っているのか」とゲーム感覚で取り組んでみると、少し気が楽になるかもしれません。

 
 
 

その他の記事

-暗黙のルール辞典
-