食べ物の対象年齢

赤ちゃんにハチミツ(蜂蜜)は何歳から?~乳児ボツリヌス症の症状や気をつけること~

投稿日:2019-08-11 更新日: 2019-08-11


 
 

子供にハチミツは何歳から?

子供にハチミツは何歳頃から食べさせていいものなのでしょう?

ハチミツについての情報はずいぶんと認知されていてご存じの親御さんも多いですが、

子供にハチミツを食べさせるなら、1歳以降となります。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

ハチミツを食べることと子供の発達

厚生労働省によると、
生後1歳未満のお子さんにはハチミツを与えないように注意喚起しています。

乳児は大人と異なり腸内細菌の環境が整っておらず、
1歳未満のお子さんがハチミツを摂取すると「乳児ボツリヌス症」にかかるリスクがあります。

乳児ボツリヌス症はボツリヌス菌により発症します。

ボツリヌス菌は熱に強いです。
ハチミツを加熱してもボツリヌス菌は死にません。

そのため、ハチミツを直接与えないことはもちろんですが、
1歳未満のお子さんにはハチミツが入っているお菓子や飲み物も与えないようにします。

 
 
 

「乳児ボツリヌス症」とは?

先述の通り、乳児ボツリヌス症はボツリヌス菌により発症します。

消費者庁によると、
「乳児ボツリヌス症」にかかると便秘、全身の筋力低下、脱力状態、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる、顔面無表情、頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなるといった症状を引き起こすことがあります。

乳児ボツリヌス症は適切な治療により改善することは多いものの、場合によっては亡くなることもあります。

 
 
 

まとめ

このように、
ハチミツは1歳未満のお子さんには与えないようにします。

1歳未満のお子さんは腸内細菌の環境が整っておらず、ハチミツを摂取すると「乳児ボツリヌス症」にかかるリスクがあります。

こう聞くと、1歳以降でもハチミツを初めて与えるときは少し不安を感じる親御さんもいるかもしれません。

何でもそうですが、子供に初めての物を食べさせるときは親として心配なものです。

子供に何か初めての物を食べさせるなら、平日の日中がおすすめです。

理由は単純で、万が一のときに医療機関を利用しやすいからです。

これが土日や夜中だったりすると病院を利用するのも一苦労です。

また、
子供は体調によって同じ食べ物でも違った反応をすることがあります。

初めての物を食べさせるなら子供の体調が良い時に、少量ずつ食べましょう。

また、親にアレルギーがあるなど不安な点があるときは最終的には医師の指示を仰いだほうがいいでしょう。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

『授乳・離乳の支援ガイド』(厚生労働省)2018年5月25日検索

『小児の脆弱性の要因』環境省)2018年4月30日検索

『ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから。』(厚生労働省)2019年8月7日検索

『ハチミツによる乳児のボツリヌス症』(消費者庁)2019年8月7日検索

-食べ物の対象年齢