その他の対象年齢考察

チャイルドシートとジュニアシートは何歳から何歳まで?

投稿日:2019-12-29 更新日: 2019-12-29


 
 

チャイルドシートとジュニアシートは何歳から何歳まで?

お子さんの体格によって期間は前後しますが、

4歳くらいまでがチャイルドシート、
4歳以降から10歳くらいまでがジュニアシートの使用の目安です。

このうち、
6歳未満はチャイルドシートの使用義務がありますので必ず使用しないといけません。

 
 
 

チャイルドシートと法律

国土交通省のホームページによると、
法令上、6歳未満はチャイルドシートの使用義務があります。

つまり5歳台のお子さんに関しては必ずチャイルドシートを使用していないといけないわけです。

これは出産後に病院から家に自家用車で帰るときなども含みます。

チャイルドシートは子供が生まれる前から準備しておかないといけないわけですね。

また、チャイルドシートを取りつける場所はそのチャイルドシートの取り扱い説明書に準じるのが基本ですが、

国土交通省では安全のため助手席ではなく後部座席に取りつけることを推奨しています。

これはエアバックなどの衝撃から子供を守るためです。

 
 
 

チャイルドシートからジュニアシートへの移行の実際

同じチャイルドシートであっても、子供の年齢によってその使い方は異なります。

0歳~1歳頃は後ろ向きあるいは横向きでチャイルドシートを使用します。

これは首がまだすわっていないためです。
具体的には体重13kg未満、身長70cm以下が目安です。

1歳~4歳くらいまでは前向きシートとしてチャイルドシートを使用します。

体重9~18kg、身長65~100cmが目安です。

そして、

4歳~10歳くらいでジュニアシートを使用します。

体重15~36kg、身長135cm以下が目安です。

 
 
 

おわりに

国土交通省の調査によると、チャイルドシートを使用していない場合、使用している場合と比べると事故の際の死亡重症率が2.1倍になるそうです。

また、適切な装着ができていない場合、適切に装着している人と比べると死亡重症率が6倍になるそうです。

装着や乗せ降ろしがなかなか面倒なチャイルドシートですが、子供の命を守るためにしっかり使用していきたいものです。

 
 
 

参考資料

『チャイルドシートに関するQ&A』(国土交通省)2019年11月29日検索

『チャイルドシートの種類』(国土交通省)2019年11月29日検索

『チャイルドシートの使い方』(自動車事故対策機構)2019年11月29日検索

-その他の対象年齢考察