その他の対象年齢考察 子供とメディア

子供にYouTubeは何歳からどれくらい見せていいのか?

投稿日:2019-06-16 更新日: 2019-06-16


 
 

子供にYouTubeは何歳からどれくらい?

子供にYouTubeは何歳からどれくらい見せていいものなのでしょう?

多くの人がスマホを持ち、手軽に膨大なコンテンツを楽しめるYouTubeが普及している昨今、子供にどのくらい動画は見せていいものなのでしょう?

多忙な家事・育児の中で、YouTubeを見ているあいだ子供がおとなしくて助かるという親の本音も正直ありますよね。

あくまで目安ですが、
子供にYouTubeを見せるなら早くても2歳以降、1日1時間程度にとどめておくといいと考えられます。

 
 
 

子供の動画視聴の時期と時間

子供にどのくらいYouTubeを見せていいのか。

こういった疑問は総じて「何を」「どんなふうに」見せるかで答えが変わってきますよね。

アニメを見るのか、教育系のコンテンツを見るのか。
一人で見せるのか、親とワイワイ一緒に見るのか。

そのため一律に「何歳からどのくらい」とは言えないものです。

しかしながら、そうやって答えを濁しても、問題は解決しないですよね。

あえて目安を探ってみましょう。

WHO(世界保健機関)の「5歳未満の子供の運動、座った姿勢での行動と睡眠ガイドライン」によると、

2歳以上で動画を観る場合はその時間を1時間以内にすることを推奨しています。

また、日本小児科医会による「子どもとメディア」の問題に対する提言によると、

テレビは2歳以降に1日2時間以内を推奨しています。

このように、

おおむね専門家の間では動画を見る年齢は2歳以降、時間としては1日あたり1~2時間を限度としている見解が多いようですね。

 
 
 

動画視聴と生活習慣

日本小児保健協会の研究論文によると、

1日のテレビ視聴時間が1時間未満のお子さんは、それ以上視聴しているお子さんより朝の排便習慣がついているようです。

さらに、

テレビ視聴時間が3時間以上のお子さんは、それ以下のお子さんより保育園(幼稚園)に行く準備を自分でしていない割合が多いそうです。

もちろん、YouTubeを見るから生活習慣が形成されないというわけではありません。

1日は24時間。これだ誰しも変わりません。

YouTubeで何を見るにせよ、何かに時間を使えば別の何かはできなくなります。

1日の時間は決まっているのですから、動画視聴は生活習慣に悪影響が出ない範囲の時間にとどめるということが大切です。

その時間YouTubeを見なければ何をできるかということを考えながら時間配分したいものですね。

 
 
 

まとめ

子供にYouTubeは何歳からどれくらい見せていいものなのでしょう?

こういった疑問は総じて「何を」「どんなふうに」見せるかで答えが変わってきますよね。

しかしながら、
おおむね専門家の間では動画を見る年齢は2歳以降、時間としては1日あたり1~2時間を限度としている見解が多いようです。

1日は24時間。これだ誰しも変わりません。
YouTubeで何を見るにせよ、何かに時間を使えば別の何かはできなくなります。

動画視聴は生活習慣に悪影響が出ない範囲の時間にとどめるということが大切です。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

『テレビ視聴時間の長短が幼児の生活習慣に及ぼす影響』(小児保健研究)2018年1月6日検索

『「子どもとメディア」の問題に対する提言』(日本小児医会)2018年1月6日検索

『New WHO guidelines on physical activity, sedentary behaviour and sleep for children under 5 years of age』(WHO)2019年5月16日検索

-その他の対象年齢考察, 子供とメディア