実習

クリニカル・クラークシップとは? リハビリの新しい実習指導

公開日:2019年12月22日


 
 

クリニカル・クラークシップとは?

「クリニカル・クラークシップ」とは、リハビリスタッフの臨床実習における指導方法の1つです。

リハビリの国家資格である理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)になるためには、現場での臨床実習が必須となります。

この実習における比較的新しい指導方法が「クリニカル・クラークシップ」となります。

「クリニカル・クラークシップ」はリハビリの技術ごとに指導者が見本を見せながら行う、模倣による実技主体な点が特徴です。

 
 
 

従来のリハビリ実習とCCS

病院によって微妙に実情は異なるでしょうが多くの場合、
従来の実習では実習生に担当のケースを何症例か担当させ、その患者さんのリハビリを行うことが主でした。

この方法も悪くはないのですが、
実践的ではないという点がしばしば指摘されていました。

例えば実習生が一人の患者さんをケースに持つ場合、その患者さんに必要な手技は学べるのですが、その患者さんに適用しない手技を実習生が学ぶ機会はどうしても手薄になってしまいます。

本来、リハビリはセラピストが多くの引き出しの中からその患者さんに合う手技を行うのが望ましいです。

しかし従来のリハビリ実習だとその引き出しを増やしにくいわけです。

 
 
 

クリニカルクラークシップの実際

クリニカルクラークシップは技術単位の実習と言われています。

ケースを何症例持つか、患者さんを何人担当するかという患者さん単位ではなく、

リハビリに必要な手技を患者さん別にそれぞれ学んでいく技術単位の学習です。

例えば今日はAさんに対してaという手技を学ぶ。
明日はBさんに対してbという手技を学ぶといった感じです。

このため、
クリニカルクラークシップでは従来のような一人の患者さんを掘り下げたレポートは作らないことが基本となります。

そのかわり、
クリニカルクラークシップではどんな技術を教えてもらいできるようになったかという「チェックシート」に重きを置かれます。

 
 
 

おわりに

より実践的で、現場に出て役に立つ実習をという思いから、実習指導はクリニカルクラークシップに移行しつつあります。

しかしながら、まだ過渡期でCCSの導入はどこの病院も探り探りな面もあります。

そのため、従来の実習とクリニカルの中間のような実習形式で様子を見る病院や、学校の方針に合わせる病院などもあります。

 
 
 

参考資料

-実習