その他の食べ物の対象年齢

-

カフェオレはいつから?何歳から飲ませていい?|子供のカフェイン摂取

公開日:2022年2月26日


 
 

カフェオレは何歳から?

 子供にカフェオレは何歳からどのくらい飲ませていいものなのでしょうか?

 カフェオレを子供に飲ませる場合、1日あたり小学生なら200mlくらいが目安と考えられます。

 幼児期であればその半分の100mlくらいが無難と言えます。

 
 
 

解説

カフェオレとは?

 一般的にカフェオレとは、コーヒーと牛乳を同量で混ぜた飲み物を指します。

 このためカフェオレには必ずしも砂糖が入っているわけではなく、製品や家庭での作り方によります。

 
 

子供はカフェインをどのくらい摂っていいのか?

 計算は上記のページで詳しく行っていますが、
 子供にコーヒーを飲ませるなら7~9歳で100ml程度がひとつの目安になります。

 
 

子供は糖分をどのくらい摂っていいのか?

 子供の糖分摂取の目安についても上記のページですでに計算済みですので、興味のある方はご参照ください。

 結果だけ扱うと、1日の砂糖の摂取量の目安は25~50g以下です。

 
 

子供のカフェオレの1日の摂取量

 先述のように、カフェオレは一般的にコーヒーと牛乳が1:1の物を指します。

 このためカフェオレ200mlには100mlのコーヒーが入っていることが考えられます。
 よってカフェオレ200mlのカフェイン含有量を許容できるのは7~9歳頃からと予想できます。
 さらに4~6歳頃であればこの半分となります。

 子供にカフェオレを飲ませる場合は幼児期なら100ml、小学生なら200ml程度を目安とし、砂糖を加える場合は他の甘い食べ物の摂取状況を考慮しましょう。

 
 
 

補足記事

 
 
 

参考資料

『カフェインの過剰摂取について』(農林水産省)2018年2月16日検索

『食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~』(厚生労働省)2018年2月16日検索

『授乳・離乳の支援ガイド(2019)』(厚生労働省)2020年2月25日検索

『コーヒーは、何歳くらいから子供に飲ませていいのでしょうか?』(UCC)2021年7月29日検索

『全日本コーヒー協会』2021年7月29日検索

『子供のカロリーなど』(厚生労働省)2018年1月11日検索

『甘味(砂糖)の適正摂取方法』(e-ヘルスネット)2018年3月3日検索

『世界保健機関(WHO)、ガイドライン「成人及び児童の糖類摂取量」を発表』(食品安全委員会)2018年3月3日検索

『雪印コーヒー』(メグミルク)2021年10月31日検索

『カフェのメニュー』(AGF)2021年10月31日検索

-その他の食べ物の対象年齢
-

新着記事

テキストのコピーはできません。