医療・福祉・療育コラム

コロナウイルスの騒動で品薄になった物を考える

更新日: 2020-05-17


 
 

コロナウイルスの騒動での買い物の変化

コロナウイルスの感染拡大の影響か、
いろんな物が品薄になっていますね。

生活に必要な物がなくなるのが不安ですが、
買占めや転売などは控えて倫理観のある行動を保ちたいものですね。

しかしながらあくまで必要な分だけ購入しようとしても、
なかなか手に入らないのが悩ましいところです。

計画的に・長期的に見ないと購入できない物がある昨今ですね。

コロナウイルスの影響で品薄になった物を考えます。

 
 
 

品薄になった物一覧

マスクなど

コロナウイルスの感染拡大に伴い品薄になっているマスク。

マスクが手に入らないため、
マスクを自作するための材料にも影響が出ていますね。

布マスクを作る場合のガーゼやゴム紐など、
洗えば繰り返し使えますがやはり消耗品なので
手に入りにくくなっているのは悩ましいところです。

 
 

アルコール除菌、ウェットティッシュ類

手指消毒のためのアルコールスプレーや除菌ウェットティッシュなども少ないですね。

アルコールの濃度によって効果は変わるので、
焦って粗悪な品を買わないように気をつけたいです。

ちなみにアルコールスプレーは
当然ながらアルコールを入れても溶けない容器を使わないといけないです。

なんでもいいわけではないのですね。

アルコールそれ自体だけでなく、
容器の生産スピードも供給に影響する要因かと。

 
 

パルスオキシメーター

パルスオキシメーターとは血中酸素濃度を測る機械です。

つまり体の中に酸素が行き渡っているかを見る機械です。

コロナウイルスの症状の1つに肺炎があり、
肺炎はやはり呼吸との関係が密接です。

そのため肺炎において血中酸素濃度を測ることは有意義な指標ではあります。

しかし家庭でパルスオキシメーターを持っておくべきかというと微妙なところでしょう。

パルスオキシメーターでコロナウイルスの判定ができるわけでもありませんし。

昨今パルスオキシメーターが売り切れのネットショップも多いですが、

パルスオキシメーターが家庭に必要かと言えば個々の判断によるのかなと。

 
 
 

おわりに

トイレットペーパーなどデマ情報などもありなかなか買い物が難しい昨今ですね。

デマ情報でもそれを聞いて
焦って買う人が増えて、
結果としてお店に品物がないという状況もあったりするので困りものですね。

また、物自体はあっても物流に影響が出ている場合もあります。

配送までの日数がやや時間を要することもある昨今、
慌てず計画的に必要な物は購入していきたいものです。

-医療・福祉・療育コラム
-