手先の器用さの対象年齢考察

子供にフォークはいつから?何歳から? 〜子供の器用さの発達〜

公開日:2020年3月7日


 
 

フォークは何歳から?

子供は何歳頃からフォークを使えるものでしょう?

スプーンとフォークはそこまで厳密に練習時期を分ける必要はありません。
食材やメニューに応じて柔軟に使って大丈夫です。

個人差がありますが、
おおむね2〜3歳頃には、フォークで食べ物を刺して食べることができるかもしれません。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

フォークと子供の上肢機能の発達

子供の発達を評価する、S-M社会生活能力検査ポーテージ早期教育プログラムによると、

子供はおよそ1歳前後からスプーンやフォークを使って自分で食べる動作を獲得していきます。

そして2〜3歳頃にはフォークを使って食べ物を刺すといった動作を獲得していきます。

ちなみ2〜3歳という時期は、箸で食べ物を上手につまむにはまだ難しいかもしれません。
しかし箸と器を使って食べ物をかきこんだり、スプーンのようにすくったりする動作はできてくる時期でもあります。

 
 
 

子供がフォークを使うとき

スプーン、フォーク双方に言えることですが、
子供が食器具を使うときは、その食器を使って食べることの達成感を大切にしてあげます。

いきなり「難しい食材」や「全部食べること」に挑戦するのはハードルが高いものです。

取り組むことが難し過ぎれば、子供は嫌になってしまいます。

小皿に一口入れるだけでも最初はいいです。

自分で食べて、器の中の食べ物がなくなり、親から「上手に食べたね。全部食べてすごいね」と褒めてもらえる。

この達成感と嬉しい経験から、子供は「またやってみよう」となります。

そのためには親が食事を小分けにしてあげる必要が出てきます。
忙しい育児では、ついつい食事も一回で全量ついでしまいがちです。
しかし、ここでちょうど良い量をついであげる一手間が、子供の自立を促します。

 
 
 

おわりに

子供の発達には個人差がありますから、あくまで目安として捉えてもらえれば幸いです。

実生活ではその子自身のペースを大切にしてあげましょう。

また、フォークは最初はあまり鋭利なものではなくほどほどの物が安全でしょう。
あまりに先が丸すぎるのも刺しにくいでしょうが。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-手先の器用さの対象年齢考察